こわいものみたさ

映画や旅行、グルメにマニアックな記事等「こわいものみたさ」で経験した事を、ブログに綴っています。

MENU

映画に関する記事一覧

映画に関する記事一覧です。
映画レビュー検索したい方は、以下のリンクよりどうぞ!

<映画レビューの50音&ジャンル検索リンク>


映画「犬鳴村」のあらすじ・感想レビュー:実在する心霊スポットと都市伝説を映画化!

臨床心理士の森田奏の周辺で奇妙な出来事が次々と起こりだし、その全てに共通するキーワードとして、心霊スポットとして知られる「犬鳴トンネル」が浮上する。突然死したある女性は、最後に「トンネルを抜けた先に村があって、そこで○○を見た……」という言葉…

映画「Girl ガール」のあらすじ・感想レビュー:トランスジェンダー少女の青春と痛み!

男性の体にうまれたトランスジェンダーのララは、バレリーナになることが夢で、強い意志と才能、そして血がにじむような努力で、難関とされるバレエ学校への入学を認められる。しかし、成長とともに変わっていく体によってうまく踊れなくなることへの焦りや…

【特集】アメリカンホラー映画史1980年代~特殊メイク技術の進歩と2大殺人鬼の登場~

ホラー映画が大好物な管理人&だいふくが紹介するホラー映画史シリーズ第3回目は1980年代を紹介します。なんといってもこの世間では、ビデオデッキが家庭に普及した時代でもありましたね。映画界にとっては著作権という問題が議論され続けた年でもありました…

映画「フリークス」のあらすじ・感想レビュー:映画史上に残る問題作と言われた映画!

フランスの曲馬団の一員である小人のハンスは小人の曲芸師のフリーダと婚約していたが、美貌の軽業師のクレオパトラに魅せられてもいた。ハンスが親戚からの莫大な資産を相続することを知ったクレオパトラは金目当てに彼を誘惑し、クレオパトラに眩まされる…

映画「記憶にございません!」のあらすじ・感想レビュー:三谷幸喜が描く総理大臣コメディ!

国民からは史上最悪のダメ総理と呼ばれた総理大臣の黒田啓介は、演説中に一般市民の投げた石が頭にあたり、一切の記憶をなくしてしまう。各大臣の顔や名前はもちろん、国会議事堂の本会議室の場所、自分の息子の名前すらもわからなくなってしまった啓介は、…

映画「テッド・バンディ」のあらすじ・感想レビュー:IQ160の美しきシリアルキラー!

1969年、ワシントン州シアトル。とあるバーで出会い恋に落ちたテッド・バンディとシングルマザーのリズは、リズの幼い娘モリーとともに3人で幸福な家庭生活を築いていた。しかし、ある時、信号無視で警官に止められたテッドは、車の後部座席に積んであった疑…

映画「es エス」のあらすじ・感想レビュー:心理実験から描く恐ろしい人間の本性!

元新聞記者のタクシー運転手タレクは、ある心理実験に被験者として参加することに。その内容は、被験者を看守役と囚人役に振り分け、模擬刑務所内でそれぞれの役割を演じながら生活するというもので、タレクは囚人役を割り当てられる。実験は和やかな雰囲気…

映画「スケアリーストーリーズ 怖い本」のあらすじ・感想レビュー:ベストセラー児童書の映画化!

ハロウィンの夜、町外れにある屋敷に忍び込んだ子どもたちが一冊の本を見つける。その本には数々の恐ろしい話がつづられており、本を持ち帰った次の日から、子どもがひとりまたひとりと消えていく。さらに、その「怖い本」には、毎夜ひとりでに新たな物語が…

映画「八仙飯店之人肉饅頭」のあらすじ・感想レビュー:実在した猟奇的事件を描く!

1986年、マカオの海岸でバラバラ死体が発見された。腐敗が進んでいたために警察の捜査は難航したが、やがて死体の身元が判明し、八仙飯店の店主ウォンが容疑者として逮捕される。壮絶な取り調べの末に自白に追い込まれたウォンは、元の店主チェン一家を皆殺…

映画「シン・シティ」のあらすじ・感想レビュー:命を懸け愛する女を守る3人の男!

犯罪以外は何もない罪の街=シン・シティ。救いなどなかったはずのシティで、その夜3人の男が絶滅したはずの愛と出会う。屈強な肉体と醜い傷跡のせいで、誰もそばに近づこうとしない前科者マ―ヴ。過去を捨て、娼婦街の自警者となって夜をさまようドワイト。…

映画「エレファント・マン」のあらすじ・感想レビュー:僕は動物ではない人間なんだ!

見世物小屋で「エレファント・マン」として暮らしていた青年メリックの前に、ある日、外科医のトリーヴスという男が現れる。メリックの特異な容姿に興味を持ったトリーヴスは、メリックを研究材料にするため、自分が勤める病院に連れ帰ることに。何も話さず…

映画「CLIMAX クライマックス」のあらすじ・感想レビュー:狂気とカオスの97分間!

1996年のある夜、人里離れた建物に集まった22人のダンサーたち。有名振付家の呼びかけで選ばれた彼らは、アメリカ公演のための最終リハーサルをおこなっていた。激しいリハーサルを終えて、ダンサーたちの打ち上げパーティがスタートする。大きなボールに注…

映画「私が、生きる肌」のあらすじ・感想レビュー:完璧の肌をまとった女を作る!

画期的な人工皮膚の開発に執念を燃やす形成外科医ロベルは、かつて非業の死を遂げた最愛の妻を救えるはずだった「完璧な肌」を創造することを夢見ていた。良心の呵責や倫理観も失ったロベルは、ひとりの女性を監禁して実験台にし、人工皮膚を移植して妻そっ…

映画「天気の子」のあらすじ・感想レビュー:100%の晴れ女と家出少年の決断は!

離島から家出し、東京にやって来た高校生の帆高。生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく手に入れたのは、怪しげなオカルト雑誌のライターの仕事だった。そんな彼の今後を示唆するかのように、連日雨が振り続ける。ある日、帆高は都会の片隅で陽菜…

映画「悪魔の毒々モンスター 東京へ行く」のあらすじ・感想レビュー:関根勉や安岡力也も大奮闘!

ニュージャージー州トロマヴィル町の平和な日々は、悪魔の毒々モンスター、メルビンの活躍によって取り戻されたが、それもつかの間、悪徳企業のアポカリプス社は再びこの地を核廃棄物貯蔵地にしようと狙っていた。メルビンはアポカリプス社の息がかかった精…

映画「ボーダー 二つの世界」のあらすじ・感想レビュー:私は心の匂いを嗅ぎ分ける!

醜い容姿のせいで孤独と疎外感を抱える税関職員ティーナには、違法な物を持ち込む人間を嗅ぎ分けるという特殊能力があった。ある日、彼女は勤務中に奇妙な旅行者ボーレと出会う。ボーレに対し本能的に何かを感じたティーナは彼を自宅に招き、離れを宿泊先と…

映画「アド・アストラ」のあらすじ・感想レビュー:ブラッド・ピットの渋い演技に尽きる!

地球外生命体の探求に人生をささげ、宇宙で活躍する父の姿を見て育ったロイは、自身も宇宙で働く仕事を選ぶ。しかし、その父は地球外生命体の探索に旅立ってから16年後、地球から43億キロ離れた海王星付近で消息を絶ってしまう。時が流れ、エリート宇宙飛行…

映画「悪魔の毒々モンスター」のあらすじ・感想レビュー:愛すべきトロマ社映画の代表作!

冴えない清掃員のメルビンは、不良たちにからまれて散々な目にあった挙句、工場の有毒廃棄物を全身に浴び、化学反応を起こして醜悪なモンスターになってしまう。しかし、心根の優しいメルビンは怪物になったことで得た超人的な力を用い、次々と街の悪者を退…

映画「悪魔の赤ちゃん」あらすじ・感想レビュー:ホラーだけでは語れない悲しき物語!

フランクとルノールの間に待望の2人目の子供が産まれた。しかしその赤ちゃんは、悪魔のような姿と驚異的な生命力を持った異様な生物だった。赤ちゃんはお産に立ち合った医師、インターン、看護婦らを全て惨殺し、分娩室から姿を消す。警察は当初新生児がこの…

【特集】アメリカンホラー映画史1970年代~歴史に残るホラー映画の登場~

ホラー映画が大好物なだいふくが紹介するホラー映画史シリーズです。第2回目の1960年代に続いて、今回は第3回目となり、1970年代を紹介します。この時代はホラー映画の二大巨匠が最高傑作を出したり、伝説的サイコ映画の登場となったりとホラー映画が盛り上…

映画「ブライトバーン 恐怖の拡散者」のあらすじ・感想レビュー:反抗期で“悪”に目覚める!

母親になる夢を抱いているものの、なかなか子どもができずに悩んでいたトーリのもとに、ある時、謎めいた赤ちゃんがやってくる。赤ちゃんはブランドンと名づけられ、聡明で才能にあふれ、好奇心旺盛な子どもへと成長。トーリと夫カイルにとっても、かけがえ…

映画「フラッシュダンス」のあらすじ・感想レビュー:名曲がダンスに花を添える!

昼は溶接工場、夜はクラブのダンサーとして働くアレックス。彼女の夢はいつかプロのダンサーとなって有名になること。ダンスへの情熱なら誰にも負けない自信があったが、オーディションの会場でまわりの雰囲気に圧倒され、その場から逃げさってしまう…。

映画「ヒドゥン・フェイス」のあらすじ・感想レビュー:この家には何かが居る!

スペインで指揮者を務めるアドリアンはコロンビアの交響楽団に招かれ、恋人ベレンと一緒にコロンビアにやってくる。ナチスドイツの残党だった家主が建てたという別荘を借り、コロンビアでの生活をはじめた2人だったが、ささいな口論がきっかけでベレンは家を…

映画「エクソシスト」のあらすじ・感想レビュー:世界にオカルトブームを巻き起こした名作!

女優クリスの12歳の娘リーガンはある時から何かに憑かれたかのようにふるまうようになる。彼女の異変は顕著になるが、病院の科学的な検査でも原因は判明しない。やがて醜い顔に変貌したリーガンは緑色の汚物を吐き、神を冒涜するような卑猥な言葉を発するよ…

映画「永遠に僕のもの」のあらすじ・感想レビュー:天使の顔をした連続殺人犯!

1971年のブエノスアイレス。思春期を迎えたカルリートスは、子どもの頃から他人が持っている物を無性に欲しがる性格だった自分の天職が、窃盗であることに気づいてしまう。新しく入った学校で出会ったラモンという青年にたちまち魅了されたカルリートスは、…

映画「サスペリア PART2」のあらすじ・感想レビュー:巧妙なトリックを見破れるか!

ローマで開催された欧州超心霊学会では、超能力を持つヘルガが、突然錯乱した。彼女は、かつて残虐な殺人を犯した人間が会場内にいると宣言した後惨殺される。偶然その瞬間を目撃したイギリス人のピアニスト、マークはコートの男が逃げていく姿を目撃する。

【特集】アメリカンホラー映画史1960年代~サスペンスの神様&ゾンビ誕生~

ホラー映画が大好物なだいふくでございますが、前回第一回目として、アメリカの映画史1950年代以前を紹介しましたが、第2回目の今回は、サスペンスの神様&ゾンビの誕生と言われた、1960年代を紹介したいと思います。

映画「アス」のあらすじ・感想レビュー:私たちが襲ってくる!

夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンとともに夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れたアデレードは、不気味な偶然に見舞われたことで過去のトラウマがフラッシュバックするようになってしまう。そして、家…

「よこがお」のあらすじ・感想レビュー:ある女のささやかな復讐!

周囲からの信頼も厚い訪問看護師の市子は、1年ほど前から看護に通っている大石家の長女・基子に、介護福祉士になるための勉強を見てやっていた。ニートだった基子は気の許せる唯一無二の存在として市子を密かに慕っていたが、基子から市子への思いは憧れ以上…

【特集】アメリカンホラー映画史1950年代以前~ホラー映画の誕生~

第1回目の今回は、なんといっても数多くのホラー映画を輩出している、アメリカの映画史1950年代以前を紹介していきます。アメリカ映画史は1回で紹介しきれないため、今後シリーズ化して年代別で数回に分けて紹介していきたいと思います。

Copyright ©2019 こわいものみたさ All rights reserved.
【プライバシーポリシー】 【お問い合わせ】