こわいものみたさ

「こわいものみたさ」で経験した事を、思い立ったら何でも書くブログ。

MENU

映画「ミスト」感想・レビュー:霧がすべてを覆いつくし、最後の審判が下される…

映画「ミスト」は、スティーヴン・キングの1980年の中編小説『霧』を映画化した作品で、監督は同じくスティーブン・キング原作の「ショーシャンクの空に」「グリーンマイル」を見事に映画化したフランク・ダラボン監督となります

【閲覧注意】犯罪者たちの痕跡を展示!シリアルキラー展2022 ヴァニラ画廊

2022年6/4~7/18にて、シリアルキラー展2022がヴァニラ画廊で行われています。人者たちの描く世界は、まるで見るものの心の淵を覗きこむような凄み、寂寥感、無常感、そして得体の知れないものと対峙した時のような緊張感に溢れています。

映画「モータルコンバット」感想・レビュー:全世界を賭けた「禁断の死闘」が幕を開ける!

映画「モータルコンバット」は、世界的人気を誇る対戦型格闘ゲームの実写化で、残酷描画もあるが、どちらかというと本格的な格闘にこだわった作品となっている。

映画「チェンジリング(1980年)」感想・レビュー:午前5時59分の不気味な声…!

映画「チェンジリング(1980年)」は、屋敷物ホラーの中では群を抜いて面白く、怖いだけではなく、もの悲しく静かに流れていく物語が、単なるホラーと一言では言えない名作です。また、ホラーなのに特殊メイクや血糊などを全く使用せず、音響と雰囲気だけで…

東京ドーム65個分の広さ!国営武蔵丘陵森林公園の紹介!

「国営武蔵丘陵森林公園」は、全国で初めての国営公園で、日本一大きなエアートランポリンのぽんぽこマウンテンやアスレチックコースなど、家族で体を思いっきり動かして遊べる遊具がたくさんあります。

映画「シン・ウルトラマン」感想・レビュー:現代社会に置き換えて再構築した空想特撮映画!

映画「シン・ウルトラマン」は、SF特撮ヒーロー「ウルトラマン」を、「シン・ゴジラ」の庵野秀明と樋口真嗣のタッグで新たに映画化となります。企画・脚本を庵野秀明、監督を樋口真嗣が務め、世界観を現代社会に置き換えて再構築しています。

映画「竜とそばかすの姫」感想・レビュー:インターネット × 美女と野獣

「竜とそばかすの姫」は、スタジオ地図制作によるアニメーション映画で、「サマーウォーズ」「未来のミライ」に代表される細田守監督による長編オリジナル作品第6弾となります。

映画「マリグナント 狂暴な悪夢」感想・レビュー:あらゆるジャンルを入れ込んだ究極のホラー!

映画「マリグナント 狂暴な悪夢」は、ホラーに原点回帰しつつも、今までになかったホラーを作りたかったという監督ですが、本作は見事にその意思が織り込まれており、いったい何を観ているのかが分からなくなってくるような作りです。

ブログ「こわいものみたさ」3周年!運営の振返り&人気記事アクセスランキング紹介

本日5/1で「こわいものみたさ」運営してから、丸3年を迎えました!思い出せば、令和元年5月1日に「はてなブログ」を開設し今まで続けてこれました!ということで、今回の記事は毎年の周年記念でやっているブログ運営を振返ってみたいと思います。

映画「ソードフィッシュ」感想・レビュー:ラストで騙される!?

映画「ソードフィッシュ」は、刑務所から仮釈放中の天才ハッカーの力を利用し、政府から95億ドルを奪っていく物語なのですが、ラストでのどんでん返しが非常に見事で予想がつかない展開となっています。そのためネタバレ無しでの鑑賞がお勧め映画です。

大会レポート「かすみがうらマラソン2022」~3年ぶりに開催した地元密着型の大会~

実に3年ぶりの開催となった、茨城のかすみがうらマラソンに出場しました。 コロナ禍になって以来、最近小さい大会には出場しましたが、これだけの大きい規模の大会は久しぶりです。それも、以前は毎年出ていた、かすみがうらマラソンでのフルマラソン復活は…

映画「SING シング ネクストステージ」感想・レビュー:豪華なアーティスト達の競演!

映画「SING シング ネクストステージ」は、「ミニオンズ」のイルミネーション・エンターテインメントが製作しユニバーサル・ピクチャーズが配給する、ミュージカルコメディアニメ「SING シング」の続編となります。

映画「スターシップ・トゥルーパーズ」感想・レビュー:奴らは群れでやってくる!

映画「スターシップ・トゥルーパーズ」は、人間VS巨大昆虫(アラクニド=バグス)の一言で表せれるのですが、笑いあり、涙あり、恋愛あり、友情あり、戦いあり、怖さあり、グロもあり、それでいて何かを訴える作品でもあり、観ていても全く飽きない映画です。

映画「サイレントヒル」感想・レビュー:そこからは、死んでも逃げれない。

映画「サイレントヒル」は、コナミのホラーゲームの映画化となり、アメリカ、カナダ、フランス、日本の合作ホラー映画となります。原作ゲームの本質を、この街の硬質な静謐と、クリーチャー群の独特な造形にあると見極め、映画に移植した作品となっています。

Copyright ©2019 こわいものみたさ All rights reserved.
【プライバシーポリシー】 【お問い合わせ】