こわいものみたさ

映画や旅行、グルメにマニアックな記事等「こわいものみたさ」で経験した事を、ブログに綴っています。

MENU
おすすめ記事(週次更新)

原作を忠実に再現!映画「キングダム」のあらすじ・感想レビュー

「キングダム」映画情報

キングダム

 製作年:2019
製作国:日本
 上映時間:134分
 [Amazon Primeで観る]
 [楽天ブックスで買う]


 

あらすじ

紀元前245年、春秋戦国時代の中華西方の秦の国。戦災孤児の少年・信と漂は天下の大将軍になることを目標に掲げ、日々の剣術の鍛錬に励んでいた。王都の大臣・昌文に召し上げられた漂が王宮へ入り、信と漂はそれぞれ別の道を歩むこととなる。

予告

映画データ
英題 KINGDOM     
監督 佐藤信介
原作 原泰久
キャスト 山崎賢人
吉沢亮
橋本環奈
大沢たかお
長澤まさみ
受賞歴 -

「キングダム」感想レビュー

鑑賞時の状況

原作漫画は見ていないため予備知識ない中での鑑賞ですが、映画館で鑑賞しました。正直、鑑賞前はあまり期待していませんでした。ただ単に、映画館の割引クーポンの期限最終日だたので、なんとなく切らすのはもったいないということで足を運んでみたという感じでした。

特に、日本のこういった漫画を原作とした戦国物ってなんだかちゃっちい印象がありましたし、個人的に主演の山崎賢人がどうも好きではなかったんです。

がしかし、すみません面白かった!!!スケール感も十分でしっかり作られていましたね。映画館での鑑賞は迫力もあって大満足で、2時間以上もあっという間に終わりました。

キャストについて

それぞれの役者さんの個性が出ていたのが面白かった理由ではないでしょうか。特にえい政と漂を一人二役で演じた吉沢亮が優しくもりりしい姿で見事にだったと思います。反して信を演じた山崎賢人、役柄上しかたないんですがなんだかうるさい感じで空回り感があって好きになれなかったんですが、アクションシーンなんかは目を見張るものがありとても見ごたえありました。

女性陣では、なんと言っても楊端和の長澤まさみが美しくも強く戦う女を演じて良かった。アクションシーンもしっかりこなし、これまで見る彼女の役柄とは全く違うのにしっくりきました。河了貂の橋本環奈も、なんだか結局どういうキャラか分からない部分は有りましたが、暗い話のなかでほのぼのしていて彼女のかわいらしさが活きていたと思います。

そして!そして!なんといっても一番印象に残ってしまった、というか頭から離れないのは、王騎を演じる大沢たかおでした。風貌が異様な上に話し方も特徴的で強いと来ています。もう頭からこのキャラが離れないですよ。なんだか映画が最後の最後ですべて大沢たかおの王騎にもってかれた間感覚すら覚えます。

物語について

漫画見たことないですが、しっかり理解できました。なんでも原作ファンからも評価が高い映画となったようで、そういった意味でも大成功を収めた映画だったのではないでしょうか?

本作では、戦災孤児の少年・信が将軍を目指していくための序章部分を描いたといったところでしょう。秦の若き王のえい政と出会い行動を共にし王宮を奪還する様子までが描かれており、原作好き、戦国物好きは当たり前、そうでない方もかなり楽しめる出来になっていると思います。個人的には、山の民を説得し味方にする場面なんかは古き中国の定番(三国志もそうですね)でもありでとても好きな展開です。

感想

上映が終わった後、素直に早く続きを見たい!って思える作品でした。古き戦国物に現代風アレンジが融合した新しい戦国映画を観た気がします。日本の映画のレベルが上がったんだなと、期待もせずに見始めた自分を叱ってやらないとな気分です。

悪役も強くて、アクションシーンはやはり見どころですね。特に左慈との闘いは、見どころ十分でした。

ただ、前述しましたが、王騎大沢たかおのインパクトが強すぎですね存在感でいえば、圧倒的です。次回作も作られると思いますが、大沢たかおがまたどのくらいのインパクトを残すかが楽しみですが、山崎賢人が負けないくらい存在感を出してくれればいいと思います。

「キングダム」関連商品

映画タイトル検索

その他の映画探したい場合は、タイトル検索でお探しください!