こわいものみたさ

映画や旅行、グルメにマニアックな記事等「こわいものみたさ」で経験した事を、ブログに綴っています。

MENU
おすすめ記事(週次更新)

17世紀の魔女誕生秘話を描く!映画「ウィッチ」のあらすじ・感想レビュー

「ウィッチ」の映画情報

ウィッチ

 製作年:2015年
 製作国:アメリカ
 上映時間:93分
 [Amazon Primeで観る]
 [楽天ブックスで買う]


 

あらすじ

1630年ニューイングランド。街を追い出された父ウィリアムと母キャサリンは、5人の子供たちと共に、森の近くの荒れ地にやって来た。しかし、赤子のサムが何者かに連れ去られ、行方不明に。連れ去ったのは森の魔女か、それとも狼か。悲しみに沈む家族だったが、父ウィリアムは、美しく成長した愛娘トマシンが魔女ではないかと疑いはじめる。疑心暗鬼となった家族は、やがて狂気の淵に陥っていく...。

予告

映画データ
原題 The Witch
監督 ロバート・エガース
製作 ジェイ・ボン・ホイ
ラース・カスダ
キャスト アニヤ・テイラー=ジョイ
ラルフ・アイネソン
ケイト・ディッキー
受賞歴 サンダンス映画祭監督賞
インディペンデント・スピリット賞新人作品賞
エンパイア賞最優秀ホラー作品賞

「ウィッチ」感想レビュー

<ネタバレあり。未見の方は注意ください!>

作品について

予算もスケジュールも限られたインディペンデント映画でしたが、サンダンス映画祭の監督賞をはじめ、数々の映画賞を受賞したダークファンタジー作品です。ロバート・エガース監督は本作が映画デビュー作ですから驚きです。

ファンタジージャンルですが、ほぼホラーですのでお気をつけて。終始重苦しく、薄暗く、そして不快感を感じてしまう映画です。映像からも、音声からも、演者たちの不気味な様子からも一瞬で引きみな世界観にどっぶり浸かってしまい、本作を最後まで観るには精神力が必要となるかもしれません。

まさに17世紀の魔女伝説を描いた作品となり、一人の少女が苦しみながらも、魔女へ覚醒していく様子が描かれています。

不気味で陰鬱になる映画だったニャ~

ストーリーについて

村人たちから異端と見なされ追放された一家7人は(詳細の理由は描かれてはいません)、不気味な森の近くに住みつくのだが直ぐに事件は起こる。長女トマシンが、赤ちゃんに、いないいないばぁをやって目を覆った瞬間赤ちゃんが何者かにさらわれてしまうのです。この瞬間から、不気味で気味が悪い状況が怒涛のように襲ってきます。

鑑賞していてこの時点では、魔女と一家の戦いを描く作品なのかな思いました。が、しかし、本作はそんな甘い発想の映画ではなかったのです。、一家が宗教にとらわれ発狂していく姿が延々と描かれています。1つの事件から完全に一家は心が闇に落ち、家族同士のの知り合い、犯人を決めつけ、家族が醜く破滅していく姿を観ているのは非常につらいものがあります。

熱烈な信者だが結局は一番おかしかったのと思える父、子供たちが次々と犠牲になり悲しみと疑心暗鬼にとらわれ続ける母、人形のように不気味でふざけ声が非常に耳障りな双子。次々とお互いを恨み、悪魔に身を売ったと疑いあい、全員が最悪の結末を迎えてしまいます。

そして一番まともで有っただろう、長女トマシン。が、この手で母を殺めてしまった瞬間彼女も何かが弾けてしまった・・・。

ここに、魔女が誕生したのだ!

ヒロインについて

まず、ヒロインのトマシン役であるアニヤ・テイラー=ジョイに関して触れておきましょう。彼女は、ナイト・シャマラン監督から本作の演技をかわれ『スプリット』に主演し、その続編である『ミスター・ガラス』にも出演し素晴らしい演技を見せてくれている、一躍注目の女優さんです。

個人的にも、彼女はとても注目している女優さんなのです。第一印象は少し目が離れ気味で、そこまで綺麗な方とは思っていなかったのですが、出演している映画を見ていくと不思議と彼女の魅力にのめり込んでしまうのです。、まさにミステリー映画のニューヒロインといえるかもしれません。その雰囲気が抜群です。是非、もっと有名になってミステリーやホラー系で活躍してもらいたいと思いますね。

感想

いや~、観ていて辛かった。そして疲れた。が正直な感想かもしれません。常に不安を感じながら鑑賞をしないといけず、家族それぞれの色濃いキャラがあまりにも不気味なのです。一番、正常で健気なトマシンの存在自体が一家の中で異教徒のように感じてしまいました。

一家は初めからおかしかったのでしょうか?ここに移り住んでおかしくなったのでしょうか?ただ一つ言えるのは、魔女は絆が壊れた家族の隙を入り込んだとしか言えません。今までの映画で魔女が誕生した理由を描いた映画なんてあったんでしょうかね!?まさに、衝撃的な映画でありました。

ラストシーンがまたとても印象的でありました。、初めて味わうような何とも言えない感覚で、非常に不気味だけど美しい光景を目の当たりにした感覚です。観終わった後は、重く暗いどんよりした感情しか湧いてこないのです…。

なんだかとても、つかれたニャ~

「ウィッチ」関連商品

映画タイトル検索

その他の映画探したい場合は、タイトル検索でお探しください!