こわいものみたさ

映画ネタを中心に、旅行やグルメにマニアックな記事等「こわいものみたさ」で経験した事を、ブログに綴っています。

MENU

映画「犬鳴村」のあらすじ・感想レビュー:実在する心霊スポットと都市伝説を映画化!

「犬鳴村」映画情報

犬鳴村 製作年:2020年
 製作国:日本
 上映時間:108分
 [Amazon Primeで観る]
 [楽天ブックスで買う]
 

あらすじ

臨床心理士の森田奏の周辺で奇妙な出来事が次々と起こりだし、その全てに共通するキーワードとして、心霊スポットとして知られる「犬鳴トンネル」が浮上する。突然死したある女性は、最後に「トンネルを抜けた先に村があって、そこで○○を見た……」という言葉を残していたが、女性が村で目撃したものとは一体なんだったのか。連続する不可解な出来事の真相を突き止めるため、奏は犬鳴トンネルへと向かうが…。

予告
映画データ
原題 犬鳴村
監督 清水崇     
製作 村松秀信
與田尚志
主なキャスト 三吉彩花
坂東龍汰
受賞歴 -


 

「犬鳴村」感想レビュー

管理人

今回は、実在する心霊スポットと都市伝説を映画化した日本のホラーを紹介します。

だいふく

久しぶりの本格的なジャパニーズホラーだニャ!

作品について

『呪怨』で知られる、日本ホラー映画で知られる清水崇監督が、福岡県に実在する心霊スポットを舞台に描いた心霊ホラー。

 

映画の舞台となったのは、実際に心霊スポットで有名な犬鳴トンネルを舞台としています。ただし映画で出てくる「犬鳴村」は実在しないのですが、そのモデルとなったであろう集落は、かつて犬鳴川上流にあり、犬鳴ダム建設にあたり住民は移転し、村自体はダム底に沈んでいます。映画でも「犬鳴村」はダムに沈んだ設定となっています。(ただしホラーなので住民ともども沈んだという設定ですが…)

 

本作で最叫ヒロインと紹介される三吉彩花は、Seventeen誌のトップモデルとして人気を誇り、「女子高生のカリスマ」とも呼ばれた人物で、最近ではドラマや映画、CMにひっぱりだこの若手注目株です。ホラー映画って、売れ切る前の注目株くらいの主演が案外雰囲気を出してくれるので、本作でもピッタリの配役でした。

犬鳴村伝説と実際の事件

映画の元ネタとなった都市伝説は、「旧犬鳴トンネル近くに、法治が及ばない恐ろしい集落『犬鳴村』があり、そこに立ち入ったものは生きては戻れない」といったものです。その都市伝説は以下の内容だが、全てデマで作られたです。

都市伝説

1.犬鳴トンネル前に「白のセダンは迂回してください」という看板
2.犬鳴トンネルには柵と仕掛けがあり、引っかかると斧を持つ村人が襲う
3.犬鳴村は行政記録や地図から抹消
4.村入口に「この先、日本国憲法は適用しません」という看板
5.携帯電話が「圏外」となり使用不能で公衆電話は警察に通じない
6.村に広場があり、ボロボロのセダンが置かれ、その先にある小屋に骸が山積み
7.若いカップルが面白半分で犬鳴村に入り、惨殺された

といっても都市伝説も負けるような実際の事件も起きているから恐ろしいのです。1988年には少年グループらが、犬鳴トンネルで手足を縛りガソリンをかけて焼殺させた事件が起こり、2000年には犬鳴ダムで死体遺棄事件が発生しています。

感想

久しぶりにしっかり作られたジャパニーズホラーといった感じでしょうか。実在する心霊スポットと都市伝説という組み合わせからも抜群に怖く話題性もありますね。実際の映画も雰囲気は非常に怖かったです。

 

が、残念ながら怖いのは雰囲気だけでした。冒頭数分間だけは怖かったので期待上がりましたが、以降は、なんなんでしょう…子供だましというか、演出がちゃちというか。もっと心霊に特化すればいいものを、ちょっとした化け物風な演出にしたり、幽霊映像もなんだか大群でゾンビっぽかったりと、折角の怖い雰囲気が要所要所でぶち壊されていきます。そして、なによりもわざとらしさ満載の演出…。シラケェ~。

 

ジャパニーズホラーといえば『呪怨』や『リング』が有名ですが、あの頃の心底震え精神的な怖さを感じさせてくれましたが、その技術や演出はどこ行ったのでしょうか???非常に寂しく思いますね。(最近は、韓国ホラーに完全負けているぞ!)

 

と、映画自体は残念でしたが、主人公ヒロイン三吉彩花は違和感なくがんばっていた演技だったと思います。かつて「女子高生のカリスマ」と言われていたということもあり、正直鑑賞前は心配でしたが、しっかり清楚なお嬢様ヒロインを演じていましたね。高嶋政伸、高島礼子、石橋蓮司という豪華ベテラン陣にも負けず頑張っていた印象です。もちろん、女優さんとしてはまだこれからという段階でしょうが、将来期待が持てる女優さんだなと思いました。これからも頑張ってほしいですね~。

だいふく

ジャパニーズホラーの復活を切に願うニャ…

「犬鳴村」関連商品

映画レビュー検索

その他の映画レビューを検索できます。

<50音検索>

<ジャンル別検索>

Copyright ©2019 こわいものみたさ All rights reserved.
【プライバシーポリシー】 【お問い合わせ】