こわいものみたさ

映画や旅行、グルメにマニアックな記事等「こわいものみたさ」で経験した事を、ブログに綴っています。

MENU
おすすめ記事(週次更新)

最高の完結作品にして傑作!映画「アベンジャーズ エンドゲーム」のあらすじ・感想レビュー

「アベンジャーズ エンドゲーム」の映画情報

アベンジャーズ エンドゲーム上映日:2019年04月26日
製作国:アメリカ
上映時間:182分
[Amazonで見る]
[楽天で見る]


 

STORY

宇宙最強の敵サノスに立ち向かうも、ヒーローたちを含めた全人類の半分を一瞬で消し去られてしまうという敗北を喫したアベンジャーズが、残されたメンバーたちで再結集し、サノスを倒して世界や仲間を救うため、史上最大の戦いに挑む姿を描く。

TRAILER

REVIEW

いやー、最高でしょう。前作『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』の絶望的ラストからの続編として、絶望をどう回収するんだ?と心配になってましたが、いやはや前作を超えるストーリーとスケールには脱帽です。

総勢何名?ともうわからないくらいのアメコミヒーローが登場しますが、もちろん1人1人が登場する個別映画では主役ですのでしっかり書かれますが、こういったヒーロー終結映画って主役級のヒーロー以外は雑に描かれてしまうのですが、アベンジャーズは違いますね。すべてのヒーローしっかり描き、これまでの作品ともちゃんとつながっているおり伏線になっていたという凄さ。個々のヒーローの物語が、アベンジャーズシリーズで見事に融合した感じです。マーベル社のヒーローに対する敬意と愛を感じられた作品でもありました!!!

3時間を超える長丁場です。映画館でトイレに行きたくなったのは言わずとも知れてます。が、席は絶対に立ちたくない、一瞬も見逃したくないという気持ちでした。もちろん登場するヒーローの今までの作品すべてを観ているわけでもないですし、正直知らないヒーローもいましたが、そんなのもうどうでもよくなってしまうくらい、見ごたえある作品でした。なんだろう、幼き頃に別々のヒーロー達が一緒に戦えると凄いなと思っていたあの頃、それが叶った気がします!ワクワクが止まらない感じでしょうか!

悪役のサノスもまた今までのヒーロー映画の悪役と少し一線を画している気がしますし、真の悪でもない気がします。もちろん全人類(全宇宙)を半分にするという暴挙は許されるわけないのですが、サノスが目指しているのは世界の調和なんですよね。ガモーラへの愛が見えた時、サノスも完全な悪ではないんだなと。なので完全に憎めない悪役なんですよね。

ラストは、もちろんネタバレになるので言えないのですが、え!?死んじゃうの!?は観た方皆さん驚いたでしょう。人類の半分を救うために必要だった犠牲もまた大きかったですねぇ。悲しすぎる。

さて、本作でここまでヒーローを集結させてマーベル集大成といった映画を作ってしまったわけですので、もちろん最高の仕上がりなのは間違いないです。ただ同時に、これからのマーベルの作品が本作を超えれるものが登場するのかが心配になりました。スパイダーマンが感じたショックは、まさしく観客も同じく感じてしまったのではないでしょうか?(映画のエンドロールをラストまで見るとスパイダーマンのショックが分かります)

とはいいつつも、今後も我々の予想を遥かに超えてくる、マーベルの映画を楽しみにしてしまうのです!

なお、今回誕生日1000円クーポンで劇場で見ましたが、これだけ楽しませてもらったのに安く鑑賞して申し訳ない!と思う次第でした笑

INFORMATION

英題 Avengers: Endgame
製作年 2019
監督 アンソニー・ルッソ
ジョー・ルッソ
製作 ケビン・ファイギ
出演者 ロバート・ダウニー・Jr.
クリス・エバンス
マーク・ラファロ
クリス・ヘムズワース
スカーレット・ヨハンソン
ジョシュ・ブローリン
配給 ディズニー
受賞歴 -
リンク 公式サイト

関連映画

映画タイトル検索

その他の映画探したい場合は、タイトル検索でお探しください!