こわいものみたさ

映画ネタを中心に、旅行やグルメにマニアックな記事等「こわいものみたさ」で経験した事を、ブログに綴っています。

MENU

「世にも恐ろしい日本昔話」のあらすじ・感想レビュー:鬱になるお馴染みの日本昔話!

「世にも恐ろしい日本昔話」映画情報

世にも恐ろしい日本昔話 製作年:2000年
 製作国:日本
 上映時間:113分
 [Amazonで買う]
 [楽天ブックスで買う]


 

内容

ベストセラー『本当は怖い世界の童話』をベースに、誰もが知っているグリム童話と日本昔話をオリジナル・アニメ化。長年語り継がれてきた子供向けのストーリーの中で、世にも恐ろしい残虐性が浮き彫りになっていく。

予告

予告はありません。

映画データ
監督 増井壮一
作画監督 高谷浩利
馬場俊子
増井壮一
諏訪昌夫
杉江敏治
美術監督 古宮陽子   
本間薫
受賞歴 -

「世にも恐ろしい日本昔話」感想レビュー

絶対に子供には見せれない狂っている日本昔話です。いい人が痛い目に合うという完全に鬱になりそうな内容の3作になりますので、鑑賞注意です!今回はその衝撃の内容の一部を物語ごとに紹介したいと思います。

なお「世にも恐ろしいグリム童話」と一緒に収録されているアニメになりますので、そちらの紹介レビューも同時に確認ください。

猿蟹合戦

猿蟹っていっても人間です。そして内容的に、合戦ってのは間違いですね、猿いじめって方が正しいです…。

空腹で耐えれない旅の猿さんが、蟹さんの暮らす村に訪れた際、一本の大木に生えている残り一つの柿を食べちゃいました。

さ~これは大変です!以降、猿さんは理由も分からず村人から命を狙われます。相手は村人全員。逃げ切ることが出来ず捕まってしまい、足から逆さに吊るされぼっこぼこに。最後のとどめは、かわいらしい蟹さんのハサミ攻撃。吊るしている縄をチョキンときって、猿さんは頭からまっさかさまに地面に叩きつけられ死にました。

猿さんは柿一つ食べただけで拷問を受け殺されたとさ・・・。

かちかち山

これは参りました!観終わって嫌な気分にしかなりませんでした。でも、改めてかちかち山を読んでみると、通常のお話も結構残酷なんですよね。タヌキが老婆を撲殺して、その肉を鍋で食べたからウサギが復讐したってお話ですから、ある意味デフォルトで恐ろしい昔話です。

村の畑が度々荒らされるが、犯人はウサギのお面をかぶったウノキチという男。ずるがしこいウノキチはとうとう殺人まで起こすが、その現場に、お人よしのタヌキのお面をかぶったゴサクという男が通りかかる。ウノキチはまんまとゴサクを犯人に仕立て上げる。その時点から、ゴサクには懸賞金がかけられ村人に追われる立場となる。

逃げきったゴサクだが、幼い娘が山で足をくじいて座り込んでいるところに出くわす。心優しいゴサクは娘の荷物の薪を背負い、娘を助け村に戻る決心をする。しかし、娘は懸賞金が欲しいだけで、タヌキの薪に火をつける(かちかちって)。火傷を負いながらも、なんとか逃げ切り、信頼している医者の家に逃げ込みます。しかし、医者も懸賞金欲しさに、ゴサクの火傷にカラシのようなものを塗る!

瀕死の状態だが、なんとか恨みのウノキチを見つけ船で追うが、その船は泥で作り固めた船で沈んでしまう。溺れながらもなんとか岸にたどり着き、恨みウノキチの首をしめ殺そうとするゴサク。が、なんとも運悪く、村人達がそこに丁度現れ、とうとうゴサクはつかまるのでした。ゴサクは打ち首で村でさらし首。ウノキチはまんまと懸賞金を貰い大金持ちになりました。

やさしい者は死、ずるがしこいものは得をしたとさ・・・。

浦島太郎

女大好き浦島さん。浦島太郎が遊び人という設定です。

いつものように女遊びをしにいった浦島さん。女遊びの帰りに男にからまれている女性(お亀)を助けたことから、伝説の女遊び場「竜宮」に連れてってもらえる。

「竜宮」は、美しい女性、裸の女性、おっぱいだらけと浦島さんはもぅやみつきになります。しかし、そこは麻薬のような煙を吸わせて幻覚をみせているだけの場所でした。美しい女性の姿は、恐ろしく醜い女だったんです。浦島さんは、醜女の子供を生産させるだけのために、長い年月牢屋に入れられ、幻覚をみせられるだけの毎日を送らされました。

あるとき、浦島さんはようやく現実を気づきます。命からがら何とか逃げ切ったのですが、現実の世界はすでに数十年過ぎてしまっています。母親も死に絶望にかられながら、「竜宮」から持ち帰った、箱を開けるとそこには、幻覚作用のある煙を吸う器具が。絶望の浦島は、煙を吸い現実逃避するのでした。

幻覚を見ながら海の中に飛び込んで死んでしまったとさ・・・。

だいふく

人間不信になるような内容だニャ!

「世にも恐ろしい日本昔話」関連商品

映画レビュー検索

その他の映画レビューを検索できます。

<50音検索>

<ジャンル別検索>

Copyright ©2019 こわいものみたさ All rights reserved.
【プライバシーポリシー】 【お問い合わせ】