こわいものみたさ

「こわいものみたさ」で経験した事を、思い立ったら何でも書くブログです。

MENU

映画「八仙飯店之人肉饅頭」のあらすじ・感想レビュー:実在した猟奇的事件を描く!

「八仙飯店之人肉饅頭」映画情報

八仙飯店之人肉饅頭 製作年:1993年
 製作国:香港
 上映時間:93分
 [Amazonで買う]
 [楽天ブックスで買う]


 

あらすじ

1986年、マカオの海岸でバラバラ死体が発見された。腐敗が進んでいたために警察の捜査は難航したが、やがて死体の身元が判明し、八仙飯店の店主ウォンが容疑者として逮捕される。壮絶な取り調べの末に自白に追い込まれたウォンは、元の店主チェン一家を皆殺しにして店を乗っ取ったことや、彼らの死体をミンチにしてつくった饅頭を客に食わせていたことを告白しはじめる。

予告
映画データ
原題 八仙飯店之人肉叉焼飽 The Untold Story
監督 ハーマン・ヤウ
製作 ダニー・リー
主なキャスト アンソニー・ウォン
ダニー・リー
受賞歴 香港電影金像奨 最優秀主演男優賞


 

「八仙飯店之人肉饅頭」感想レビュー

管理人

今回は、観る人を選ぶ映画です。これから書くレビューも含め、閲覧注意の映画になります。管理人ちょっとお酒に酔ってレビューしてます。いや、酔わないとレビューは書けないといった映画なのです。

だいふく

いやニャ、グロはやめてニャ~!!!

作品について

暴力・残酷描写が激しく、子供を惨殺する描写があまりにも凄惨であったために、日本では映倫により劇場上映を「不許可」とされ劇場公開されていない映画で、東京国際ファンタスティック映画祭等で限定的に上映されたのみ。

しかしながら、製作された香港では、主演のアンソニー・ウォンは香港アカデミーともいわれる、香港電影金像奨の主演賞を受賞しています。確かにこの映画を観たら、猟奇的でものすごい演技は驚かされ見事だとは思いますが、本作を堂々と映画賞に受賞させる香港にも驚かされます。香港での大ヒットを記憶したのを背景に、3作目+新シリーズまで出ているほど。

驚きは、本作は1985年マカオで実際に起きた猟奇事件ということなのです。

八仙飯店一家殺害事件とは

管理人

実際に起こった事件を少し紹介してみましょう。

容疑者は、黄志恒という男で中華料理店「八仙飯店」の経営者でした。一家及び親族の9名と従業員1名を殺害したとされ、容疑者が犠牲者の遺体を叉焼包にして店で販売していたと噂されるようになり、香港とマカオで一時大々的に騒がれた事件です。

犯人の動機は、賭けにより借金を払わなかったことが発端です。何度も借金の清算を求めたが拒絶されたことによる犯行と自白をしています。

遺体が「人肉の叉焼包」にされたという噂を基に、本作で家でなくテレビドラマなども放映されている。

感想

管理人

だめです、だめです、だめです!

この映画のショッキング映像…、いや絶対に観てはダメです!なのに実際に起きた事件、そして映画は香港で映画賞受賞しているのも事実、もうなんだか常識が混乱してしまいます。

よく映画として製作し、放映する許可が出たなと思える過激な残酷シーンが目白押しでなのです。例を挙げると、目玉に伝票を刺す針をぶち込み、女性をレイプし股間に大量の割り箸でブスリ…。そして、殺した人肉を、ご丁寧に包丁で解体しミンチにして肉まんになるまでもしっかり映像化してくれてます。次の日おいしそうに客や刑事が食べる姿を見せられますから、うげって肉まんトラウマになるのは必至です。

途中でも退場したくなるような吐くシーン目白押しなのに、「え、何?こんなチョロい映像で引いちゃってるの⁉」って製作陣があざ笑うかのような、ラストの一家惨殺シーンは地獄そのもの。ここで日本で映倫が拒絶した問題のシーンである、両親を目の前で惨殺された子供達を次々に中華包丁でちょんぱ映像が流れます。それもお首チョンパですからね…。日本では見ることができない衝撃の映像が繰り広げられるのです。

でもね、この映画単にグロ描写だけで終わらせてくれないのがイカレ映画として評価される所以なのです。それは犯人への警察の取り調べが非常にえげつないのです。一家惨殺を自白させるために行う、警察の拷問が半端無いのです。殴る蹴るは当たり前、トイレに顔を突っ込まされるは、小便かけられるは、三日三晩睡眠をとらせず寝そうになったら、引っ叩きまぶしい光を浴びせる。挙句の果てには、背中に水を注射し、寝転べば激痛が走るという手段までとるという。

さて、どうでしょうか?レビューを読んでるだけでも吐き気がしそうな内容ではないですか?グロ&卑劣な拷問のミックスなんです。でもね、この映画が凄い所は、お馬鹿なコメディータッチの場面があり悲惨な映像の中で思わず救われてしまい、映画としてはちゃんと成り立っちゃっているのですなぁ、これが…。

といっても、はっきり言いまして全くお勧めできるような映画ではないのは確かではありますが、実際に起きた事件の映画化という目で見ると、映画よりも現実世界がよっぽどイカれているのかなぁとも思うのでした。

 

だいふく

もう、肉まん食べれないニャ~

「八仙飯店之人肉饅頭」関連商品

映画レビュー検索

その他の映画レビューを検索できます。

<50音検索>

<ジャンル別検索>

Copyright ©2019 こわいものみたさ All rights reserved.
【プライバシーポリシー】 【お問い合わせ】