こわいものみたさ

映画や旅行、グルメにマニアックな記事等「こわいものみたさ」で経験した事を、ブログに綴っています。

MENU
おすすめ記事(週次更新)

埼玉県人にはそこら辺の草でも食わせておけ!映画「翔んで埼玉」のあらすじ・感想レビュー

「翔んで埼玉」の映画情報

翔んで埼玉上映日:2019年2月22日
製作国:日本
上映時間:107分
[Amazonで見る]
[楽天で見る]


 

STORY

東京都民から冷遇され続けてきた埼玉県民は、身を潜めるように暮らしていた。東京都知事の息子で東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美は、容姿端麗なアメリカ帰りの転校生・麻実麗と出会い、惹かれ合う。しかし、麗が埼玉出身であることが発覚し...。

TRAILER

REVIEW

ども。そこらへんの草を食べてる埼玉県人、だいふくです!

なのでもちろん埼玉県の映画館で鑑賞です!!!いや~~~、面白かったです。埼玉県をこんだけけなしているのに、なぜか埼玉愛が感じられる不思議な映画です。全く嫌な気にならなかったです!

実に面白いのが、東京を中心に動き東京に入るためには通行手形が必要で、なんとか東京に取り繕うために埼玉VS千葉という戦いが行われ、それを誘発させているのが裏で東京都仲良くやっている神奈川という設定です。

現実でも関東3位?争いを埼玉VS千葉で勝手に意識してたりするので、とっても現実味もあり身近に感じられるのでホント面白い。関東以外の人でもわかりやすい設定のため、これだけロングヒットをしているのでしょうね。ひそかに茨城と群馬がかなりディスられているのが大丈夫!?と気になりましたが・・・。

東京都知事の息子の壇ノ浦百美(二階堂ふみ)とアメリカ帰りの転校生が埼玉出身の麻実麗(GACKT)のコンビも良かった。あれだけ埼玉嫌いを主張していた、壇ノ浦が惚れたもの負けで、麻実麗のキスの魔力によって埼玉派にどんどん変わっていく様子がこれまた滑稽なのです。麻実麗のピュアさが埼玉を助けたといっても過言ではないですね。ちなみに、映画では二階堂ふみが演じていますが、いちお設定では男同士ですからね・・・。

最初から最後までずーっと劇場が笑いで絶えず、埼玉県で観たから余計に一体感もありでした。ちなみに個人的に一番おもしろかったのは、埼玉VS千葉が出身有名人を出して対峙しているところ。アルフィー高見沢はほんとウケた!!!

大人が真剣にバカなことを演じて映画にした作品ですが、珍しくうちの子供が一緒に映画館で観たいということで家族水入らずで楽しみました。海外でもしっかりウケているようで、イタリアやシカゴの映画賞を受賞したそうですね。いずれの賞も観客賞のようなので国がちがえどしっかり観客の心をつかんでいる作品ですね。

監督の武内英樹は、他にも『テルマエ・ロマエ』2作品でも観客賞を受賞しているので、まさにお客さんを笑顔にさせてくれる素晴らしい監督です。

INFORMATION

英題 -
製作年 2019
監督 武内英樹
原作 魔夜峰央
出演者 二階堂ふみ
GACKT
伊勢谷友介
中尾彬
ブラザートム
麻生久美子
配給 東映
受賞歴 第21回ウディネ・ファーイースト映画祭
アジアン・ポップアップ・シネマ観客賞
リンク 公式サイト

映画タイトル検索

その他の映画探したい場合は、タイトル検索でお探しください!