こわいものみたさ

映画や旅行、グルメにマニアックな記事等「こわいものみたさ」で経験した事を、ブログに綴っています。

MENU
おすすめ記事(週次更新)

現実でもあり得る恐怖!映画「スマホを落としただけなのに」あらすじ・感想レビュー

「スマホを落としただけなのに」の映画情報

スマホを落としただけなのに

上映日:2018年11月02日
製作国:日本
上映時間:116分
[Amazonで見る]
[楽天で見る]


 

STORY

派遣社員・稲葉麻美の恋人が、スマートフォンを落としてしまう。そのことを知らずに恋人に電話をかけた彼女は、「あなたが稲葉麻美さんだってことは、分かりますよ」と見知らぬ男から電話越しに言われ、絶句する。拾い主の男から恋人のスマホを受け取りホッとする麻美だったが、その日から彼女の周囲で不穏な出来事が起こり始める。同じころ、山中で身元不明の女性の遺体が次々と発見され...。

TRAILER

REVIEW

いやー、現実でもあり得そうで怖い怖いだニャー。

だって、普通にスマホ落としたらを考えてみたら、映画と同様な事が起きることはありますよね。このご時世スマホ便りとなり何でもできる世の中になり、スマホが傍にない時の不安感は半端ないですから、もし無くしてしまったら…っと言う心理も含めうまく映画にした作品でした。

監督は、あの日本最恐ホラー『リング』の中田秀夫です。ホラーじゃない作品は珍しいですね。残念なのは、折角中田秀夫監督作品なのに、もう少し恐ろしさをスパイスとして入れてくれたら、監督らしくもっと面白い作品になったのではと思ったのですが、年齢制限を気にしたのでしょうか?犯人の異常性はもっと監督なら引き立たせることができたのでは?

彼氏がスマホを落としたばかりに、振り回される稲葉麻美(北川景子)が何とも可哀そうになります。SNS乗っ取りられた挙句のパスワードロックからの写真バラマキなんかはぞっとします。他人なりすましやクレカ情報抜き取りの手段も現実であり得ると思うので、身近な犯罪として怖いですね。改めてネットでの個人情報やカード情報の扱いは気を付けなきゃと引き締まる思いです。そういった意味では、良い教訓にもなる映画でもあります。(特にスマホを持ち始めた学生さんとか)

物語は、中盤からサスペンス要素が強くなり、猟奇的連続殺人へと変わっていきます。まさに犯人は誰だ!?状態ですが、案外すぐに犯人が誰かが気づけます。登場人物みてもこの人しかいないよね!な展開になりますんで、もう少し犯人誰だな部分が楽しめたら良かっただろうにと感じます。

ホラー的な要素でも謎解き要素でも、なんだか少し中途半端な展開で有った気がします。

俳優陣を見てみますと、若手俳優が頑張っていました。千葉雄大と成田凌の二人は中々頑張りではなかったでしょうか。二人の作品は今まで、余り観たことなかったんですが、この作品では強烈なインパクトを残した演技ではなかったでしょうか。今後、色々な映画で二人の活躍は期待できそうな予感がしますね。

そして相変わらず北川景子は美しい!といっても個人的には彼女の演技はあまり上手ではないと思っているのですが、彼女はその美貌が武器ですから、それだけで視聴率とれるんだよねと感心してしまいます。

映画は続編も作るようです。恐らく俳優若手2人が中心となっていくのではと思いますが、「スマホと落としただけなのに」のタイトル自体が続編で果たして意味を持ってくるのかは気になりますね。

INFORMATION

英題 -          
製作年 2018
監督 中田秀夫
原作 志駕晃
出演者 北川景子
千葉雄大
成田凌
田中圭
原田泰造
バカリズム
配給 東宝
受賞歴 -
リンク 公式サイト

映画タイトル検索

その他の映画探したい場合は、タイトル検索でお探しください!