こわいものみたさ

映画や旅行、グルメにマニアックな記事等「こわいものみたさ」で経験した事を、ブログに綴っています。

MENU
おすすめ記事(週次更新)

脳死は人間の死か、衝撃の愛のカタチを描く!映画「人魚の眠る家」あらすじ・感想レビュー

「人魚の眠る家」の映画情報

人魚の眠る家

上映日:2018年11月16日
製作国:日本
上映時間:120分
[Amazonで見る]
[楽天で見る]


 

STORY

2人の子どもを持つ播磨薫子と夫・和昌は現在別居中で、娘の小学校受験が終わったら離婚することになっていた。そんなある日、娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明の状態に陥ってしまう。回復の見込みがないと診断され、深く眠り続ける娘を前に、薫子と和昌はある決断を下すが、そのことが次第に運命の歯車を狂わせていく。

TRAILER

REVIEW

強烈にネタバレしているので未見の方は気を付けてニャ!!!

東野圭吾の同名ベストセラー小説の映画化ですが、とにかく深いそして重いテーマでした。脳死は死なのか、愛する我が子が脳死判定されたら家族はその人を"死"と受け止めれるでしょうか…。なんとも難しいテーマです。

しかし、脳死したらいきなり臓器提供の意思を聞かれるんですね。そこには、家族の思いはまるで関係なく。脳死したまま延命をするか、臓器提供して生きれる命を救うのか、いきなり判断なんてできやしないのに。

娘の瑞穂が脳死と判断された、薫子と和昌が選んだのは、禁断の延命でした。科学の力で人形…いやロボットのように動かされ体だけ成長していく瑞穂は生きているといえるのでしょうか。

娘は生きているそしていつか目を覚ますと思い続ける薫子、笑顔まで作らされて生き続ける愛する娘の臓器提供を考え本当の死と認めようとする和昌、研究により脳死した人間の体を動かし父の代わりに成長を見守り第二の父といわれる星野。死んでいるか生きているかで翻弄される周りの人たち。いったい誰が正解で誰が間違っているのか。その答えがないから、悲しみ苦しんでしまう。そうなんです、誰も間違ってはいないのですから。

ただ、母は娘の生にこだわり続けた。娘が操り人形となっても希望を持ち続けた。「この娘が死んだいうなら、心臓を刺したら殺人なのか!?」と迫る母は、狂気と覚悟が見えました。娘を刺そうとする母と、すでに死を認めている周りの人たちの場が逆転した瞬間なのです。強烈に鑑賞者の気持ちも逆転させるほど、感情をえぐる瞬間だったのではないでしょうか?

みんな辛かった、母も父は当然です。弟が脳死の姉のことで学校で辛い思いをしないために姉が死んだと判断したことも辛かった。自分のせいで瑞穂が事故にあったとずっと罪の意識で過ごしてきた祖母も辛かった。薫子の妹晴美は支えながらも姉の変貌していく姿を見て辛かった。そして…瑞穂の従妹若葉は自分のせいで事故に遭ったと言えずに抱え込んできた歳月は何と辛かったでしょうか。

母が娘を殺そうとした瞬間、みんな心の中で耐えきれない思いがすべて爆発した、すごいシーンでした。心が締め付けられ、涙が止まりませんでした。

この映画は俳優陣全員が見事に演じた作品だったと思います。拍手を送りたいほど感情を揺さぶられました。

母は、娘の死を受け入れました。父は、心臓が止まる瞬間が死と最後に言いました。

医者は言いました、「では娘さんはまだこの世界のどこかで生きていますね」と…

INFORMATION

英題 -          
製作年 2018
監督 堤幸彦
原作 東野圭吾
出演者 篠原涼子
西島秀俊
坂口健太郎
稲垣来泉
斎藤汰鷹
松坂慶子
配給 松竹
受賞歴 第42回日本アカデミー賞優秀主演女優賞
第43回報知映画賞主演女優賞
リンク 公式サイト

映画タイトル検索

その他の映画探したい場合は、タイトル検索でお探しください!