こわいものみたさ

映画や旅行、グルメにマニアックな記事等「こわいものみたさ」で経験した事を、ブログに綴っています。

MENU
おすすめ記事(週次更新)

女優の執念を二人二役で描く!映画「累 かさね」のあらすじ・感想レビュー

「累 かさね」の映画情報

累 かさね

上映日:2018年09月07日
製作国:日本
上映時間:112分
[Amazonで見る]
[楽天で見る]


 

STORY

伝説の女優の娘・淵累は卓越した演技力を持ちながら、自分の醜い外見にコンプレックスを抱いて生きてきた。彼女の母親は、キスした相手と顔を取り替えることが可能な謎めいた口紅を娘にのこす。一方、舞台女優の丹沢ニナは、容姿に恵まれながら芽が出ずにいた。やがて二人は出会い反発し合いながらも、互いの短所を補うために口紅の力を使うことにする。

TRAILER

REVIEW

当時映画館で鑑賞し先日レンタルでさらに鑑賞。初見の時は、予備知識なくみましたが、衝撃な物語と展開にのめり込んで観ました。土屋太鳳と芳根京子のダブル主演ですが、"二人二役"の難しい内容でも見事に演じ切っていましたね。キスをして入れ替わった時の表情の変化は、なかなか見ごたえありました。入れ替われるのは12時間という制限というルールがうまく映画のキーポイントとして使われているのがまた面白さのスパイスになっています。

この映画の見どころを簡単に表すと、淵累の心情変化でしょう。醜い外見でコンプレックスの塊であった淵累が、容姿端麗の丹沢ニナと度々入れ替わることにより、内気で遠慮がちだった淵累が、脚光を浴びることへの快感(居場所)を覚えついには、狂喜へと変貌していく。そう、母親のように。前半では丹沢ニナが支配していた関係が、後半では完全に逆転してしまうのですから、その変化が非常に面白くもあり、怖さを感じるのです。

二人の心情だけでなく、物語の展開自体もラスト行くに連れ2転3転となりますので、先が読めないハラハラな感覚がこの映画の醍醐味でもありました。

そして、ラストのサロメの土屋太鳳の演技は目を見張るものがありました。サロメの演劇内容と女性(女優)の執念が見事に重なり、まさに狂喜の演技です

でも、少し残念だったのは、烏合零太を演じる横山裕です…。ご本人演技力という意味ではないのですが、今回の役柄と合って無いと思いませんか?小難しい天才の演出家を演じさせるには、横山裕自体が実際がそういったキャラではないため、観ていて完全にミスキャストだよなぁって。キスシーンもなんか不器用な感じがアチャチャでした。淵累とニナが対立していくきっかけにもなる重要な人物でもありますからシリアスで気難しそうな俳優さんを選んであげた方が良かったかもしれません。(念のためですが、横山裕自体は嫌いでも何でもないですから!むしろジャーニーズの中では好きな方です)

とはいっても、メインは女優お二人ですから、美しい容姿と大きな傷がキスをすることで入れ代わり立ち代わりするってだけでも、非常に観る価値はあるかと思います。

土屋太鳳VS芳根京子、さて軍配はどちらに…!?

INFORMATION

英題 -          
製作年 2018
監督 佐藤祐市
原作 松浦だるま
出演者 土屋太鳳
芳根京子
浅野忠信
檀れい
横山裕
筒井真理子
配給 東宝
受賞歴 -
リンク 公式サイト

映画タイトル検索

その他の映画探したい場合は、タイトル検索でお探しください!