こわいものみたさ

映画や旅行、グルメにマニアックな記事等「こわいものみたさ」で経験した事を、ブログに綴っています。

MENU
おすすめ記事(週次更新)

豪華な俳優陣が元殺人受刑囚を描く!映画「羊の木」のあらすじ・感想レビュー

「羊の木」映画情報

羊の木

 製作年:2018年
 製作国:日本
 上映時間:126分
 [Amazon Primeで観る]
 [楽天ブックスで買う]


 

あらすじ

寂れた港町・魚深にそれぞれ移住して来た6人の男女。彼らの受け入れを担当することになった市役所職員・月末は、過疎問題を解決するために町が身元引受人となって元受刑者を受け入れる、国家の極秘プロジェクトだと知る。月末や町の住人、そして6人にもそれぞれの経歴は明かされなかったが、やがて月末は、6人全員が元殺人犯だという事実を知ってしまう。そんな中、港で起きた死亡事故をきっかけに、町の住人たちと6人の運命が交錯しはじめる。

予告

映画データ
製作年 2018年
監督 吉田大八
原作 山上たつひこ
いがらしみきお
キャスト 錦戸亮
木村文乃
松田龍平
北村一輝
優香
田中泯
市川実日子
水澤紳吾
受賞歴 釜山映画祭キム・ジソク賞

「羊の木」感想レビュー

作品について

原作は、漫画なんですね。と後から知ったほど全く情報なしで鑑賞しました。映画では6人の殺人者を描いていますが、実際漫画では11人の凶悪犯罪者(殺人者ではない)みたいですね。設定なども映画では結構変えられているようです。

気になるのは『羊の木』という映画タイトルだと思いますが、残念ながら映画では、あまり言及もなく意味不明で終わってしまいますので、意味に関しては期待しない方が良いです。私自身も消化不良で終わってしまいました。

第22回釜山国際映画祭(2017年)でキム・ジソク賞を受賞している作品でもあります。

登場人物について

なんとも俳優陣が豪華な映画です。そんな俳優さんが演じる犯罪者(殺人)が"新仮釈放制度"として田舎の魚深市に10年住むという条件で出所するという状況から始まります。

前半は、仮釈放者一人一人強烈な個性とともに6人登場で、いったいこの小さな街でこれからどんなことが起こるんだろうとワクワク期待あふれるスタートです。こういう個性的な人間ドラマ系の作品は個人的に好きです。ちょっとその登場人物の犯罪歴と()に演じる役者をまとめてみます。

6名の犯罪歴

宮腰一郎(松田龍平):因縁をつけられ逆上し傷害致死
栗本清美(市川実日子):DVの酒乱彼氏を殺害
太田理江子(優香):夫とセックス中に勢い余り絞殺
福元宏喜(水澤紳吾):働いている理髪店の店主を殺害
杉山勝志(北村一輝):傷害致死
大野克美(田中泯):暴力団関係で殺人

これだけの殺人者が一同に小さな田舎町に訪れるのですから、もちろんなじむ者、なじめない者がいます。

割となじんだと思われるのは、理髪店に就職した福元とクリーニング屋の大野でしょう。気弱な福元は酒を飲むみ暴走してしまいやらかしてしまうのですが、理髪店の店主に救われましたね。ただ福元の真面目さがあってこそでしょう。大野に関しても、最初はクリーニング女性店主に嫌われ何かひと悶着ありそうだと思ったのですが、大野自身の寡黙さが店主の心を開いたのでしょうか。両者とも、この映画の暗いテーマの中では、割とほのぼのとした物語の展開で良かったです。

反して太田と栗本の女性陣2人の展開は、あまり納得感が出なくて無理やりな感じで違和感があると感じました。太田は恋愛体質で、介護施設に入っていた一の父親・亮介と恋仲になるという話ですがかなり無理やりすぎる展開です。栗本に関しては街になじめていない感じがでています。映画のタイトルにもなっている羊の木が描かれたお皿を持ち帰り、意味不明な魚や動物の死骸を土に入れてお墓を作る行為を行います。恐らく何かを意味しているのでしょうが、残念ながらそれが伝わってこなかったのです。

やんちゃ者は、杉山ですね。漁師の食についていますが、常に何か悪だくみをしている、改心が出来ていないやつです。ただし、その杉山が可愛く見えてしまうほどの、悪役は、宮越でした。一番街にうまくなじんでそうにみえるが、何かおかしな癖が見え隠れして引っかかる。秘めたる影のオーラが終始出ていて危険な感覚が最初からバンバン出ています。根っからのやばいやつといった感じでしょうか。

そんな、仮釈放者6人と、市役所職員の月末(錦戸亮)との関係性がなかなか面白かったです。月末のキャラのおかげで、6人それぞれの個性が引き出ていましたし、月末の良い人さ加減が出ています。

なんだか詰め込みすぎて描き方が薄かったにゃ!

感想

なんだろう…。これだけの豪華な俳優陣が演じる個性的な登場人物なのに、残念なことに活かしきれてない気がします。

前半でこそ6人のお話がそれぞれ進んでいき面白みがありますが、後半は、ほとんどが宮腰と月末だけの話だけになってしまい、他の登場人物が余りにもあっさり描きすぎておりもったいないのです。特に大野のヤクザ話はどうなったのか?とか栗本の羊の木の皿も余り描かないし、何かと消化不良なんです。

この6人を描くには、完全に尺が足らなかった感があり、せっかく前半で面白そうだと思わせてくれたのに軽く描きすぎて残念でした。宮越以外もしっかり人間ドラマの部分を描いてくれていれば、もっと面白い映画になっただろうにと思います。

犯罪者達だけでなく、月末と同級生だった石田(木村文乃)との関係もなんだか中途半端な描き方だったもかなと、結局好き同士なのかどうかもわからないんですよね。なんだかなぁ、もうちょっと繊細に描いてほしかったなぁと思います。

そして、とどめが、あのラストです。

ん?ん??ありえないー!!!

が感想です。なんたって人間ドラマからカルト的な流れになり一気にちゃちな映画に見えてきました。前半◎→後半✖ な展開にガックシです。

でもね殺人犯の罪の事情もそれぞれ、刑期を終えた後も改心する人、悪のままの人でそれぞれ。テーマとしてはなかなか考えさせられるものがありました。新仮釈放制度が割と現実でもありえそうなのが、ちょっと怖いです・・・。

「羊の木」関連商品

映画タイトル検索

その他の映画探したい場合は、タイトル検索でお探しください!