こわいものみたさ

映画や旅行、グルメにマニアックな記事等「こわいものみたさ」で経験した事を、ブログに綴っています。

MENU
おすすめ記事

ブログから映画化!「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」のあらすじ・感想レビュー

「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」映画情報

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん 製作年:2019年
 製作国:日本
 上映時間:114分
 [Amazon Primeで観る]
 [楽天ブックスで買う]


 

あらすじ

仕事一筋だった父が、ある日突然会社を辞めて家に帰ってきた。1日中ぼんやりとテレビを見ている父の姿を母と妹は遠巻きにながめていたが、何を考えているのかまったくわからなかった父の本音が知りたい欲求にかられたアキオは、オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」の世界に父を導き、自分は正体を隠し、父とともにゲーム世界で冒険に出ることを思いつく。顔も本当の名前も知らないゲームの仲間たちに励まされながら、父と冒険を続ける中で、アキオは家族もこれまで知ることのなかった父の意外な一面を知ることとなる。

予告

映画データ
監督 実写パート:野口照夫
ゲームパート:山本清史
原作 マイディー
キャスト 坂口健太郎
吉田鋼太郎
山本舞香
受賞歴 -

「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」感想レビュー

作品について

ゲーム好き青年のハンドルネーム マイディーがご自身のブログ「一撃確殺SS日記」にて連載した「光のお父さん」という日記から、人気が出て書籍化⇒テレビドラマ化⇒映画化と至った作品であります。

実際に映画を観終わった後、ブログを拝見させてもらいましたが、めちゃくちゃ面白いのです!素晴らしい才能の方だなと思った次第です。「光のお父さん」まとめ読みのページのリンク張っておきます!(映画とほぼ同じ内容なので、映画先に見たい方は、後で読んだ方が良いです。)

物語は、実際の現実世界とオンライムゲームの世界がミックスされており、ゲームはオンラインで楽しめるロールプレイングゲームFF14が題材となっていますが、ゲームをやったことない人でも、問題なく楽しめる世界観となっています。ゲームの世界はブログで連載した時の実際のキャラを使用しているというこだわりようです。

私は、ファイナルファンタジーは世代ドンピシャなので結構やりましたが、FF14はオンラインなのでやったことなかったのですが、映画を観てその魅力的な世界観を十分に堪能できました。実際にゲームをやったことある人は、さらに面白い映画になるんでしょうね。

キャストとゲームキャラについて

現実世界を演じるキャストとゲーム世界のキャラ設定をちょっと紹介してみましょう!人間が役で()内がゲーム内のキャラ名です。

稲葉光生(マイディー)
主人公となり坂口健太郎が演じます。光のお父さんの息子役です。なかなかはまり役だと思いました。人の好さとゲーマー両立した役柄にぴったりでした。ゲーム内では、かわいらしい、エルフ?のような女性役でなかなか魅力的なキャラです!かわいらしいけど強い戦士のようなキャラで、ゲーム内で「光のお父さん計画」を進行し、お父さんキャラと一緒にゲーム内で冒険しながらお互い心を通じ合う仲になります。

稲葉博太郎(インディ)
光のお父さん役で、吉田鋼太郎が演じます。突然、会社を退職したのですが、その理由を家族に明かさず、これまで仕事一筋の不器用な父役です。ゲーム内では、かなりのイケメンキャラのインディです。最初は慣れないゲームの世界に戸惑っていましたが、なれてくると会話の語尾にピョンつけたり、挨拶のポーズがギャグで、現実のお父さんとのギャップを想像すると、かなり笑える設定です。

あるちゃん
人間世界の登場はなく、ゲーム世界の登場キャラです。マイディーと一緒に冒険し小さい子供のようなキャラですが、しっかり者。魔法使いでしょうか?癒し魔法をつかえます。実際にはマイディーの秘書的存在だったようです。

きりんちゃん

人間世界の登場はなく、ゲーム世界の登場キャラです。マイディーと一緒に冒険している、あるちゃんと同じく小さい子供のようなキャラで、とっても不思議ちゃんなのですが、核心をつくところがあります。そして、「光のお父さん計画」の切っ掛けとなったキャラ。

感想

いや~、めちゃくちゃ面白かったです!予備知識もなく、どういう映画なのかも知らないまま鑑賞しました。正直言うと、鑑賞前は余り期待をしていなかったのですが、笑いあり涙ありで心温まる良い映画で楽しめました。我が家の子供にも観せたのですが面白いようでしたので親子でも楽しめる映画ではないでしょうか!

前述したように映画鑑賞後に「光のお父さん計画」を調べてブログ日記から来ていることには本当にびっくりしました。てっきり、スクエニが企画した映画と思ってましたが、個人のブログ日記でこんな面白いストーリーを書けるなんて本当にすばらしいです!人間世界で話せないお父さんをオンラインゲームの世界で心通じ合おうなんて、普通では思いつかない予想を反する面白い話ですね。

最初は、無口で意味不明な頑固な怖い父親が、徐々にゲームの世界で砕けて心を開いていく状況が本当に面白く笑わせてもらいました。ゲームの世界だけでなく、現実の人間世界でも、どんどん良い変化をもたらしていくので、観ていて心が和むようなほっこりした気持ちになれます。一方で主人公である息子も、お父さんの心を開くだけでなく、お父さんからも色々教わり現実世界で助けられていく物語も本当にうまくできているなと思いました。

ゲームの世界では、魅力いっぱいのキャラ達が登場し共に強敵を倒すために仲間と協力していく世界。一方でゲームの世界を一歩出ると他人の知らない人同士で現実の暮らしがある。そんな相反し異なる世界なのに、どこかで1つにつながって交わっている世界なんです。ゲームの世界で共に挫折し成長していくとともに、同時に現実世界でも成長していく姿が良く表れていました。

ラスボスとの一戦、終わった後の現実世界でのお父さんと息子のやり取りは、ホントよかったです~!!!涙が出るほどでないですが、感動のお話で心温かくさせられました。(久しぶりのGLAYの曲も良かった!)

ブログも面白かったし映画も面白かった。これはTVドラマ版や原作も見たくなってきましたし、さすがにゲームをやるほどではないですが、オンラインゲームの世界も面白いなっと思った次第でした。

ゲーム好きじゃない方も敬遠しないで観てもらいたいニャ!

「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」関連商品

映画タイトル検索

その他の映画レビューは、タイトル検索でお探しください!