こわいものみたさ

映画や旅行、グルメにマニアックな記事等「こわいものみたさ」で経験した事を、ブログに綴っています。

MENU
おすすめ記事

絶望的な恐怖に姉妹の運命は!映画「ゴーストランドの惨劇」のあらすじ・感想レビュー

「ゴーストランドの惨劇」映画情報

ゴーストランドの惨劇 製作年:2018年
 製作国:フランス・カナダ
 上映時間:91分
 [Amazon Primeで観る]
 [楽天ブックスで買う]


 

あらすじ

自人里離れた叔母の家を相続し、そこへ移り住むことになったシングルマザーのポリーンと双子の娘。奔放で現代的な姉ベラとラブクラフトを崇拝する内向的な妹ベスは、双子でありながら正反対の性格だった。新居へ越してきた日の夜、2人の暴漢が家に押し入ってくる。母は娘たちを守るため必死に反撃し、姉妹の目の前で暴漢たちをメッタ刺しにしてしまう。事件から16年後、ベスは小説家として成功したが、ベラは精神を病んで現在もあの家で母と暮らしていた。久々に実家に帰って来たベスに対し、地下室に閉じこもるベラは衝撃の言葉をつぶやく。

予告

映画データ
原題 Incident in a Ghostland
監督 パスカル・ロジェ
製作 クレマン・ミゼレ
ジーン=チャールズ・レビ
キャスト クリスタル・リード
エミリア・ジョーンズ
アナスタシア・フィリップス
テイラー・ヒックソン
受賞歴 ジェラルメ国際ファンタスティック映画祭グランプリ

「ゴーストランドの惨劇」感想レビュー

ネタバレないけど、この映画予備知識無い方がいいので注意してニャ!

作品について

鬼才パスカル・ロジェが6年ぶりに戻ってきました。そうです!あの圧倒的な恐怖と不条理な暴力を描き、ど度肝をぬいた『マーターズ』の監督です。『マーターズ』を観た時はいったいこの監督の頭の中はどうなっているのか!?と思った次第ですが、本作もやっぱりやっぱり、やってくれましたとしか言いようがないです。

まず予告を観てもらえるとわかりますが、普通のホラーとは一線を画す内容だということが分かると思います。『マーターズ』でもみせた前半と後半の展開の違いは本作もあり唖然としてしまいます。完全に予備知識なしで観ることをお勧めしますが、鑑賞している中盤くらいまではどうなっているか混乱してしまうことでしょう。

キャストについて

母親と双子の姉妹ベスとヴェラが主役となるストーリですが、本作姉妹役は2名ずつ女優さんが演じております。

まず妹のベスですが、クリスタル・リードが演じ10代の役としてはエミリア・ジョーンズが演じています。共に知らない女優さんでしたが、TVドラマや映画に出演している方なんですね。いや~お綺麗でしたが、まさに体当たりな演技でしたが、その綺麗なお顔がボコボコになってしまうのは観るに堪えないですねぇ…。

姉の役は、アナスタシア・フィリップスが演じ、10代の頃の役としてはテイラー・ヒックソンが演じます。こちらも知らない女優さんでしたが、ほぼ無名でしょうか。ベス役も体当たりでしたが、姉のヴェラに関しても相当ハードな役だったでしょう。

この映画は、この二人の姉妹の惨劇(ボコボコ具合)を楽しむ映画といっても過言ではないかもです!?

感想

鑑賞し終わっての率直な感想…

うぅ。。。疲れた~

でした。

でも、これはホラーファンからするといい意味でとらえてもらいたい感想なのですが、映画を観ていて冒頭からラストまでずっと緊張感が絶えませんでした。手に汗握り思わずぎゅって何かをつかみたくなってしまう映画と言うのはまさしくこういう映画でしょう。単純に大きな音やグロい映像で驚かせるホラーとは全く異なります。もうねこの先何が起こるのかが全く想像がつかないので不安感が絶えないのです。

内容がものすごく濃く、展開もめまぐるしく変わるのですが、それでもって約90分という短い時間で描き切っているところも素晴らしい所です。余計な説明は一切なく淡々と恐怖が続いていく切羽詰まった時間としても、ちょうどで完璧な時間感であったと感じました。

でも、よくよく改めて考えると、ストーリー自体結構ありきたりなホラーではあるのです。異常者に襲われる女性だけの家族という設定なので、こういう展開の映画なんて星の数ほどあると思います。ですが、鬼才パスカル・ロジェ監督の仕事は違うんですよね。同じ設定でも遥かに上を行くアイデアで見事に見事に全く今までにない映画に仕上げてくるんですよ。こういうホラーに出会えた時には、ホラー好き日和に尽きると思う次第なんです♪

小道具の使い方も本当に上手いと感じますね。不気味な人形や古びた家の雰囲気(家の構造すらも不気味)、映画で何度も出てきたタイプライター等。怖いと思わせる雰囲気を格段に上げてくれるには十分すぎました。ホラーはやっぱり小道具も大事なんですよね。

ホラーファン必見の映画だと思いますので、未見の方はぜひ「こわいものみたさ」で鑑賞してみてください。ただしこの手がダメなかたは避けましょう!

監督の鬼才っぷりには脱帽だニャ!

「ゴーストランドの惨劇」関連商品

映画レビュー検索

その他の映画レビューを検索できます。

<50音検索>

<ジャンル別検索>