こわいものみたさ

映画や旅行、グルメにマニアックな記事等「こわいものみたさ」で経験した事を、ブログに綴っています。

MENU
おすすめ記事(週次更新)

ようこそ 殺し屋専用の食堂ダイナーへ!映画「Diner ダイナー」のあらすじ・感想レビュー

「Diner ダイナー」の映画情報

Diner ダイナー上映日:2019年07月05日
製作国:日本
上映時間:117分


 

STORY

元殺し屋の天才シェフ、ボンベロが店主をつとめる殺し屋専用の食堂「ダイナー」。日給30万円の怪しいアルバイトに手を出したばかりに闇の組織に身売りされてしまった少女オオバカナコは、ボンベロに買われウェイトレスとして働くことに。ボンベロが「王」として君臨するダイナーには、全身傷だらけの孤高の殺し屋スキンや、子どものような姿をしたサイコキラーのキッド、不気味なスペイン語を操る筋肉自慢の荒くれ者のブロら、ひと癖もふた癖もある殺し屋たちが次々とやって来て…。

TRAILER

REVIEW

私の大好きな平山夢明の小説「Diner ダイナー」の映画化ということで、映画化発表当時からとても期待してました。原作では残酷描写と暴力に満ち溢れた血なまぐさい小説なのですが、蜷川実花ということで自ずと原色をふんだんに使った芸術的な映画に仕上げてくるということは分かりますが、まず小説と性格的に相反していないのか?という心配と期待と半分半分な気持ちで鑑賞しました。

で、率直な感想は、改めて小説のストーリーが素晴らしいと実感してしまいました。ん?なぜ小説側ってなると思いますが、映画は割と小説に忠実に作っているのですが、やはり奇抜な物語が故に飽きさせないんですよね。殺人鬼たちの中に一人のか弱い女性という大筋がありつつ、殺し屋たち1人1人の個性的な物語が素晴らしく面白いのです。その面白いストーリがあってこそ、芸術的な蜷川映画が成り立った気がします。当初、小説と映画が相反すると思っていたのですが、案外組み合わせの相性良かったのでは!?と思えるできばえでした。

ただ、やっぱり原作ファンとしては色々と残念と思うところはあります。まず藤原竜也演じるボンベロが余りにも優しすぎますね。小説ではもっと怖くて異常なイメージでしたので、映画では凄みが感じられないところは残念でした。

もう一つは映画という短い時間で描く必要があったのでしょうがないかもしれませんが、登場する殺人鬼が少ないんです。Dinerの面白いところは個性的な殺人鬼たちなのでもう少し多く登場させてほしかった。最悪でもボンベロの弟子であった女性の殺し屋である炎眉(無礼図の姪)は登場させてほしかったなと思います。

殺し屋の登場が少ないと、やはり描き切れていない部分がありまして、映画ではボンベロとオオバカナコがあまりにも急激に親しくなりすぎているんです。ボンベロがオオバカナコに好意を寄せる瞬間が全く理解できない(ただのウエイトレスコスプレ好きボンベロちゃんみたいになっている!?)のですが、色々な殺人鬼たちとのドタバタを経て、徐々にボンベロとオオバカナコに信頼感ができ心を開いていくその過程が面白く、映画ではその部分の描きが物足りないですね。

オオバカナコを演じるのは、玉城ティナです。いや~細い細い。あのウエイトレスの姿はちょっと殺し屋専用のダイナーとしては、あり得ないですが(ボンベロがあれを選んだと思うと…笑)、そこは抜きとして難しい役柄ではありながらも頑張っていたんではないでしょうか?スキンの事件の後のボンベロに食い下がるシーンも見ごたえありましたしね。今後女優さんとしても期待できる気がしますね。なんだか小松菜奈が映画『渇き。』で女優として登場した時と少し重なります。

他のキャストはちょっと使い方もったいないかなぁって印象です。マテバ役の小栗旬は登場少ない(小説も登場時にマテバは死んでいますが)、マリア役の土屋アンナはあっけないっという感じで、この二人もう少し活躍させても良かったと思います。

なんだか小説推しのレビューになってしまいましたが…映画館は若い女性が多く観に来ていました。平山夢明のグロ小説がメルヘン映画に変貌したような映画ですが、その分万人が安心して観れる映画に仕上がっていますね。(個人的にはR指定でド派手にやらかしてほしかったけどね!)

INFORMATION

題名 Diner ダイナー
製作年 2019
監督 蜷川実花
原作 平山夢明
出演者 藤原竜也
玉城ティナ
窪田正孝
本郷奏多
武田真治
斎藤工
配給 ワーナー・ブラザース
受賞歴 -
リンク 公式サイト
ダイナー (ポプラ文庫)

ダイナー (ポプラ文庫)

DINER ダイナー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

DINER ダイナー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

映画タイトル検索

その他の映画探したい場合は、タイトル検索でお探しください!