こわいものみたさ

映画や旅行、グルメにマニアックな記事等「こわいものみたさ」で経験した事を、ブログに綴っています。

MENU

映画「アド・アストラ」のあらすじ・感想レビュー:ブラッド・ピットの渋い演技に尽きる!

「アド・アストラ」映画情報

アド・アストラ 製作年:2019年
 製作国:アメリカ
 上映時間:123分
 [Amazon Primeで観る]
 [楽天ブックスで買う]
 

あらすじ

地球外生命体の探求に人生をささげ、宇宙で活躍する父の姿を見て育ったロイは、自身も宇宙で働く仕事を選ぶ。しかし、その父は地球外生命体の探索に旅立ってから16年後、地球から43億キロ離れた海王星付近で消息を絶ってしまう。時が流れ、エリート宇宙飛行士として活躍するロイに、軍上層部から「君の父親は生きている」という驚くべき事実がもたらされる。さらに、父が進めていた「リマ計画」が、太陽系を滅ぼしかねない危険なものであることがわかり、ロイは軍の依頼を受けて父を捜しに宇宙へと旅立つが…。

予告
映画データ
原題 Ad Astra
監督 ジェームズ・グレイ
製作 ブラッド・ピット
デデ・ガードナー
主なキャスト ブラッド・ピット
トミー・リー・ジョーンズ
受賞歴 -


 

「アド・アストラ」感想レビュー

管理人

歳を重ね渋さがましたブラピ主演の壮大な宇宙を舞台にした映画を紹介します。ブラピ史上最高の演技とも言われている映画ですね。

だいふく

年齢を重ねおじさんの渋さが魅力的だニャ~

作品について

「アド・アストラ」はラテン語で星の彼方という意味だそうです。本作はブラットピット演じるロイが、父に会うため43億キロ離れた海王星までの旅に出るという、現代では途方もない話ですが、映画の世界は宇宙旅行のような感覚で行ってしまう時代を描いています。

撮影監督は、あの『インターステラー』のホイテ・バン・ホイテマですので、宇宙の描写はお手の物。なんとCGに頼らない独特な技術を使い宇宙を形にしたというから驚きです。映像美は圧巻でした。

そしてなんといっても、ブラット・ピットの演技力が際立つ映画です。年齢を重ねてカッコよさから、渋さへ変わりつつあるブラピですが、本作はアクションシーンなんかもほぼ無い中で、哀愁漂う一人の年配の男性を演じ切っています。

感想

なかなか映画の評価が難しい作品でした。面白くはないわけではない、ブラピの渋い演技も魅力的です。ただ、43億キロの旅というあまりにも広大なスケールな割には物語が余りにもシンプルで物足りなさを感じます。まるでブラピが演じるロイの一人の人生を一緒に振り返り、自分探しを付き合っている感覚を持つ映画でしょう。そういった意味では、SF作品というよりかは、人間ドラマを見ているようでした。

ただ、シンプルな物語の割には、余計な脇役ストーリーが過剰なのが気になる作品でした。宇宙の旅の途中で漂う別の宇宙船を調査した時に人食い!?猿のような怪物が登場しますが、正直あのシーンは必要だったのかが分かりません。自分探しのシンプルで静かに進む物語に水を差されたようです。他にも月を車で移動中に盗賊?みたいな集団に襲われたりとか、無駄に尺を伸ばしただけな気がします。こういうオマケ話はやめて120分でなくもう少し時間を短くにまとめた方が、映画の評価も高くなったんじゃないかなって思います。せっかくここまでシンプルな物語にしたのですから。

ロイの自分探しと共に、父親と息子の愛の形も一つのテーマだったでしょう。43億キロの旅で父親への思いの変化が面白く描かれています。実際に父に会った時は、子供のようなロイが見れましたが、父と子はそれぞれの道を選びました。なかなか感慨深いシーンでありますが、父親の心理はいまいちつかみきれないところもあります。なにかヤケになっているだけのような。

そんな感動の良いシーンの後には、宇宙船の一部を盾にしての脱出というスーパーマンみたいなあり得ないシーンが続きます。こ、これは絶対生身の人間ではあり得ないシーンのため、折角の感動も正直ちょっぴり冷めてしまいましたがね…。

ということで、本作は宇宙描写の素晴らしさとブラピの渋い演技に尽きますので、それを楽しみに鑑賞すれば、面白い映画と思えるのではないでしょうか!

だいふく

ブラピにメロメロだニャ~

「アド・アストラ」関連商品

映画レビュー検索

その他の映画レビューを検索できます。

<50音検索>

<ジャンル別検索>

Copyright ©2019 こわいものみたさ All rights reserved.
【プライバシーポリシー】 【お問い合わせ】