こわいものみたさ

映画ネタを中心に、旅行やグルメにマニアックな記事等「こわいものみたさ」で経験した事を、ブログに綴っています。

MENU

映画「ミッドサマー」のあらすじ・感想レビュー:明るいことが恐ろしい…不快な恋愛映画⁉

「ミッドサマー」映画情報

犬鳴村 製作年:2019年
 製作国:アメリカ
 上映時間:147分
 [Amazon Primeで観る]
 [楽天ブックスで買う]
 

あらすじ

不慮の事故により家族を失ったダニーは、大学で民俗学を研究する恋人や友人たち5人でスウェーデンを訪れた。彼らの目的は奥地の村で開催される「90年に一度の祝祭」への参加だった。太陽が沈むことがないその村は、美しい花々が咲き誇り、やさしい住人たちが陽気に歌い踊る、楽園としか形容できない幸福な場のように思えた。しかし、そんな幸せな雰囲気に満ちた村に不穏な空気が漂い始め、妄想やトラウマ、不安、そして恐怖により、ダニーの心は次第にかき乱されていく。

予告
映画データ
原題 Midsommar
監督 アリ・アスター
製作 パトリック・アンデション
ラース・クヌードセン
主なキャスト フローレンス・ピュー
ジャック・レイナー
受賞歴 -


 

「ミッドサマー」感想レビュー

管理人

今回は、非常に鬱で不快な映画を紹介します。

だいふく

不快映画と言っても上映当時は結構騒がれた映画なんだニャ!

作品について

長編デビュー作『ヘレディタリー継承』にて注目されたアリ・アスター監督の第2作となる映画です。正直、完全に『ウィッカーマン』のリメイクともいっても過言でない内容ですが、監督自身も自覚があったようで「逆に意識しすぎないように見返すことはなかった」と言っているようです。

が、鑑賞後感じたのは内容はやっぱりうり二つでした。閉じた文化の村に訪問し悲惨な目に合う、村人たちのおかしな陽気さやラストの惨劇シーン。そしてなんといっても、『ウィッカーマン』の主人公はクリスチャン(キリスト教徒)で、『ミッドサマー』の男性の名前がクリスチャンなのですよね。

映画の宣伝としては、決してホラーという言葉を使わないようにしたそうです。それよりか恋愛映画なんだといっていますが、恐怖度やグロ度を考えると、カルトホラーでしょう。

 

そして、原題はmidsommarです。てっきり、夏至という意味でスペルはsummerと思いますが、スウェーデン語に標記だと「midsommar」になります。本作はスウェーデンが舞台ということもあり、スペルミスではないのです。

感想

この映画、アメリカでも日本でも話題となりヒットしたようですね。そして評論家の評価も高いです。が、しかしそういう評価にのっかって気軽に鑑賞してしまうと、かなり痛い目にあう映画です。系統は、胸糞系といいますか後味が思いっきり悪くなります。映画にピッタリの言葉を選ぶと「不快感」でしょう。

 

私は、凹む映画が大好物(理由は、鑑賞後もしばらく心に残ってしまう映画が好きなので)という変り者なので耐性がありますし、『ウィッカーマン』を観ていたので内容はなんとなく理解してましたので、全く問題なかったのですが、評判だけで観た耐性が無い方は、気分を害されながら鑑賞したのでしょうね…。特にカップルとかお友達とかと一緒に鑑賞した後の帰り道はどれほど気まずかったでしょうか…(ひぃぃーー汗)

 

本作も『ウィッカーマン』もそうなのですが、両者の映画で一貫して言えることは、村人たちがどんなにおかしくても、残酷でも、その村では昔からの文化なんです。いわゆるしきたり。ある意味、それを外部の人間がどうこう言おうが、村人にとっては普通の事。ただ、それが外部の人間では想像がつかないような意味不明で、イカレタしきたりとしても…。

 

映画を観て、私が一番ヤバいと思ったのはラストシーンでも投身自殺で顔ぐちゃシーンでもなく、畸形児ルビンの存在でした。登場シーンが少なく詳細な説明はないのですが、近親相姦によって意図的に障害もつ子どもを生ませていたという事実は分かります。畸形児だけが、聖書「ルビ・ラダー」を書くことができるというしきたり。ルビンが死んだら、また近親相姦で畸形児を産み出すという、なんともぞ~っとしたルールなのでした…。

 

他にも、この映画のイカレっぷりをあげるとキリがないのですが、不思議なことになぜか村の文化に引き込まれる自分が居るのです。次はどんな突拍子なことがおこるのか、そしてどれほどイカレタしきたりがあるんだっていう妙な感覚です。何か村の魔術に観賞者も引き込まれるような。しかも、想像の斜め上を行ってくれるというご丁寧っぷりですから。

 

村が白夜ということもあり、終始明るいのです。村人も非常に明るい。でもやっていることが残酷で気持ち悪いという。これほどまでに明るく純白さが怖いものだとは、今まで想像もつかなかったのです

 

最後にこの映画の注意事項!ホラー映画もしくは胸糞映画に耐性が無い方は見ない方が良いでしょう。耐性が無い方が見てしまうと、しばらくは頭からこの映画の事が離れなくなりますよ!そして夜も寝れなくなるかも!?そして、耐性があって観る人も一人きりの鑑賞をお勧めします。一人じゃないと鑑賞後かなり気まずい雰囲気になると予想します…。

だいふく

どこが恋愛映画だニャ!騙されたニャ~

ネタバレになる伏線

管理人

ここからはネタバレにもなるので鑑賞後にみてください!

本作は色々な伏線があり、監督自身伏線をはることが好きといっています。では、数点の伏線を紹介してみましょう。

伏線1
映画冒頭のタペストリーがネタバレしています。完全に映画の展開そのままが描かれています。そして村に飾られた絵も小屋の壁画も、これから起こる事のネタバレな絵になっています。

伏線2
北欧神話で「自分で自分の世話をできなくなった老人が崖から飛び降りる」という話があります。まさに飛び降りの儀式そのもの。そして石碑の数だけ投身したということになるでしょう。

伏線3
友人ペレのセリフ「僕も両親が死んだから、君の気持ちが分かる。」「僕の両親は、2人とも焼け死んだんだ。」です。もうわかりますよね、ペレの両親はラストの儀式に選ばれたのでした。

伏線4
伏線4は予想となるのですが、ダニーの家族の殺害は友人のペレということです。その理由としてダニーは妹からのメッセージで、こんなのは今まで来たことがなかったと不審に感じています。家族が死亡した結果ダニーは旅行に参加することになり、そしてペレが唯一喜んでいましたよね…。

 

といったように、伏線がいたるところにちりばめられています。他にも伏線はあるようで色々紹介されているようなので調べてみると面白いかと思います。伏線を知って再鑑賞するとまた違った面白さが出るでしょう。

「ミッドサマー」関連商品

映画レビュー検索

その他の映画レビューを検索できます。

<50音検索>

<ジャンル別検索>

「ウィッカーマン」のあらすじ・感想レビュー:異様な世界観を描く伝説のカルト映画!

「ウィッカーマン(1973)」の映画情報

ウィッカーマン 製作年:1998年
 製作国:イギリス
 上映時間:88分
 [Amazonで買う]
 [楽天ブックスで買う]


 

あらすじ

行方不明の少女を探すためにスコットランド本土からサマーアイル島へやって来た警官ハウイー。だが人々は少女の存在を否定し、何かを隠しているような素振りを見せる。ハウイーはやがてこの島を支配している異様な古代宗教に行き当たるのだが…。

予告
映画データ
原題 The Wicker Man
監督 ロビン・ハーディ
製作 ピーター・スネル
主なキャスト エドワード・ウッドワード
クリストファー・リー
受賞歴 -


 

「ウィッカーマン」感想レビュー

管理人

本日は、伝説のカルト映画と言われる映画の紹介です。異様な世界観についていけますでしょうか!?

だいふく

ちょ~っとおかしな映画だニャ…

作品について

1970年代のイギリス製作伝説のカルト映画として知られ、後の2006年には、ニコラス・ケイジ主演でリメイクもされています。(オリジナルの本作の方が断然面白いです)

テーマは宗教。宗教の自由、そして宗教の怖さを異様な雰囲気で表現した作品と言えましょう。2006年のリメイク版と異なるのが、この独特の雰囲気ですがオリジナルでしか味わえない空気感となっています。

そして、ウィッカーマンとは、古代ガリアで信仰されていたドルイド教における供犠・人身御供の一種で、巨大な人型の檻の中に犠牲に捧げる家畜や人間を閉じ込めたまま焼き殺す祭儀のことらしいです。「Wicker」は「編み細工」、「Man」は「人」という意味となり、映画にとって重要な意味をなす儀式となります。

感想

へ~ほ~♪

っと裸で歌い誘う美女、隣の部屋で欲に耐え続ける童貞おじさんの警官という前半からヘンテコシーンが飛び出します。この映画の異様さが伺える1シーンです。この後もミュージカル映画!?と思ってしまうような展開が続くのですが、歌が意味不明と、この映画を最後まで観るんためには世界感に慣れる必要があります…

閉鎖的な島全体の宗教観は、セックスに明け暮れ、男性性器を崇め、子供の頃から徹底した歪んだ性教育と島民は欲望のまま生きています。そんな中で行方不明の少女を探すために島に訪れた、根っからのキリスト教徒の警官ハウイーには絶対にありえない世界でした。それもそのはず、結婚するまで童貞を守るという、ド真面目一直線な真っ直ぐ人間なのです!まさしく島の人たちと正反対の性格のハウイーという面白い構図です。

捜索のため島には訪れたが、なぜか知らぬ存じぬの島民たち。挙句の果ては捜索を依頼した少女の母親までそんな娘は知らない!言われる始末で、普通の警官ならここでめげてしまいそうなんですが、真面目一直線のハウイーは、存在するかもわからないたった一人の少女のために、一生懸命も頑張り続けるのでした。

地獄へと突き落とされるとも知らずに・・・。

前半の異様な雰囲気そのままで、後半は一気に盛り上がっていきます。

島の豊作を願ういけにえの祭りは、奇怪そのものの祭り。ハウイーは少女がいけにえにされると読み一人奮闘しますが、なんとも健気な姿…。ここらで観ている人は彼の結末は分かってくると思います。そうなんです。いけにえされるのはもちろん…。

ウィッカーマンの中に閉じ込められ、「おお神よ!」と最後の最後までキリストを信じ救いを求め続けるのはハウイーでした。それを横目に、喜び歓喜しアホアホダンスを踊り続ける島民たち。この光景は救いようも無く残酷極まりない光景です。

決して神は助けてくれず、キリスト教徒が異教徒に迫害される瞬間なのであります。いや違いますね、この島ではたった一人だけのキリスト教徒であるハウリーこそが異教徒なのでした。

だいふく

一生懸命ハウイーさんかわいそうだニャ~

「ウィッカーマン」関連商品

映画レビュー検索

その他の映画レビューを検索できます。

<50音検索>

<ジャンル別検索>

映画「マーターズ」のあらすじ・感想レビュー:フランス・ホラー界新鋭監督が描いた究極の拷問の行く末!

「マーターズ(2007)」の映画情報

サスペリア上映日:2009年08月29日
製作国:フランス・カナダ合作
上映時間:100分
[Amazonで見る]
[楽天で見る]


 

STORY

1970年初頭のフランス、行方不明となっていた少女リュシーが路上を彷徨っているところを発見される。何者かに廃墟に監禁され、長期に渡って拷問と虐待を受けていたリュシーは事件の詳細を語らないため、捜査は難航を極めていた。養護施設に収容されたリュシーは、少女アンナの献身的な介護で平穏な生活を取り戻してゆくが…。

TRAILER

※【閲覧注意】予告だけでも衝撃的でグロめですのでお気を付けください。

REVIEW

だいふく

しょ、正直2度と観たくない精神的に凹む映画だニャ!映画のネタバレにもなっているので未鑑賞の方は注意だニャ!

来月に6年ぶりとなる久々の奇才パスカル・ロジエ監督が『ゴーストランドの惨劇』という映画が公開されるので、監督のデビュー作を紹介してみたいと思います。リメイクもされていますが2007年製作がオリジナルとなります。正直激やば映画ですからレビューを見るのも辛いと思うので、この手の映画が弱い方は閲覧避けてください!

この年代ですが、フランス産ホラーと言えば、2006年『ハイテンション』、2007年『屋敷女』と衝撃的なホラーが生まれ、結構ホラーファンの中では話題騒然でしたが、2008年『マーターズ』が登場したときには、いったいどこまでいってしまうんだフレンチホラー!と驚愕してしまう程の作品でした。

もうね、フレンチホラー映画観ていると、疲弊しかしないんですよね。鑑賞者にどっしりとのしかかる、なんともいえない精神的にくる恐怖と絶望的な凹み。このままフランチホラー観続けたら、人格がおかしくなるかも!?っとまで思えるのですが、いつまでたってもやめられないのが、これまたフレンチホラーなんですよね。なんだろうありきたりではないホラーと言いますか。

本作、いきなり冒頭から古びたしい建物から飛び出す、傷だらけの少女のシーンから始まります。はっきり言っていきなり???と疑問ばかりの衝撃的な始まりなのですが、この後見せ付けられる、恐怖の映像へ向けてなんとも不安一杯な予感をさせるには十分なシーンでした。

そして15年後…

繰り広げられる、惨劇は、前半と後半で質が全く違う恐怖が展開され、"二つの異なるホラー映画"を観ている感覚に陥ります。ただし前後半とも終始、血みどろでグロく救いようが無い展開を見せ続けられるのは共通しています。

前半

拷問と監禁の日々のトラウマから抜け出せないリュシーは、ついに犯人を見つけ出し復讐を行うのです。ほのぼのとした犯人の生活に割って入るように、一家4人を猟銃で撃ち殺すシーンが何とも衝撃的で豪快です。

が、その瞬間モンスター(ガリガリにやせ細った傷だらけの人間)が現れ、リュシーを襲うのですが、この時点でさらにこの映画を観ていて???の疑問だらけいっぱいの展開となります。一体この映画はなんなんだ?何を見せられているんだ!という疑問と度肝を抜かれた展開にびっくりさせられます。

その後の、友人アンナとリュシーとで屋敷内での大惨劇が続きます。トンカチで、頭がぐちゃぐちゃになるまでひたすら殴り続けるなど、耐え難いショッキング映像が続きます。

しかし復讐を果たしても、モンスターの幻覚から決して覚めることが出来ないリュシー。決して救うことができない、彼女の刻まれた心の傷の深さが、受けた拷問のすさまじさを物語っています。

といった感じで、前半戦は割とスプラッター映画のような展開が繰り広げられました。

後半

前半までは、スプラッターホラー好きならなんとか耐えれる展開と言ったところでしょうが、後半は覚悟してください…急にバイオレンス映画となり、かなり衝撃的な映像が続きます。単に驚かせるホラーの展開ではなく、ひたすら拷問、拷問、拷問そして拷問を見せつけられます。精神的にどっしりくること間違いなしです。

拷問部屋を見つけたアンナが、奥の秘密部屋を突き進むシーンは緊迫感あります。新たに登場する監禁され続けていた女性の姿もなんとも衝撃的です。やせ細り傷だらけで、頭から撃ちつけられている鉄板のようなもので目隠しされ、オムツのように履かされているのも鉄板という、恐ろしい姿です。

この屋敷内で起こる秘密を知ってしまうアンナですが、まさかの絶望的な展開となり自身が監禁されてしまいます。ここからは、絶望的な拷問がアンナ自身にひたすら続きます。この年代の拷問映画といえば『ホステル』を思い出しますが、正直こちらの方がもっとたちが悪く感じました。彼らは、痛みの果てには何が見えるのかを興味だけで、殺しもせずいたぶり続けていくのです。

でも、アンナだけは行き着いてしまった。

究極の拷問の果てへ・・・

INFORMATION

英題 Martyrs
製作年 2007
監督 パスカル・ロジェ
製作 リシャール・グランピエール
シモン・トロティエ
出演者 モルジャーナ・アラウィ
ミレーヌ・ジャンパノイ
カトリーヌ・べジャン
イザベル・ジャス
エミリー・ミスクジャン
マイク・チャット
配給 キングレコード、iae
受賞歴 -
リンク -
マーターズ [Blu-ray]

マーターズ [Blu-ray]

映画レビュー検索

その他の映画レビューを検索できます。

<50音検索>

<ジャンル別検索>

Copyright ©2019 こわいものみたさ All rights reserved.
【プライバシーポリシー】 【お問い合わせ】