こわいものみたさ

「こわいものみたさ」で経験した事を、思い立ったら何でも書くブログ。

MENU

ハチワレ猫のだいふく写真館Vol.4~2022年振り返り写真集~

お待たせしました!ハチワレ猫のだいふく写真館Vol.4の更新となります。今回のテーマはだ2022年振り返り写真集をPickupしました。

登山レポート「棒ノ折山(棒ノ嶺)」~ゴルジュ帯を沢登りでアドベンチャー感覚~

棒ノ折山(棒ノ嶺)は、コースが変化に富み沢登りのような体験もできることから人気があります。特に人気のコースは、さわらびの湯のバス停から沢づたいに山頂へ登り、帰りは尾根道で下山するコースです。沢登りのような楽しさがあり、帰りには温泉に寄るこ…

「ウィッカーマン(1973)」感想・レビュー:異様な世界観の奇祭を描く伝説のカルト映画!

映画「ウィッカーマン(1973)」は、テーマは宗教。宗教の自由、そして宗教の怖さを異様な雰囲気で表現した作品と言えましょう。2006年のリメイク版と異なるのが、この独特の雰囲気ですがオリジナルでしか味わえない空気感となっています。

映画「リング」感想・レビュー:世界にジャパニーズホラーと貞子を知らしめた!

映画「リング」は、鈴木光司のベストセラー小説を、中田秀夫監督&高橋洋脚本で映画化し、配給収入10億円の大ヒットを記録したホラー映画です。

登山レポート「筑波山(男体山・女体山)」~紅葉と奇怪岩を楽しむ~

筑波山は、日本百名山ではありますが、標高が低く、比較的気軽に登山が楽しめる山としても有名です。が、しかし山道は割と急であり、低いからといって簡単ではなく、結構疲れるやまではありますので、それなりの装備で登った方が良いでしょう。

映画「すずめの戸締まり」感想・レビュー:扉の向こうには、すべての時間があった…

「すずめの戸締まり」は、「君の名は。」「天気の子」の新海誠監督が、日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる「扉」を閉める旅に出た少女の冒険と成長を描いた長編アニメーション。

大会レポート「第7回水戸黄門漫遊マラソン」~歴史と自然をめぐる地域密着型マラソン~

約半年ぶりのフルマラソンに出場しました。その間小さい大会でハーフなどは出場してきましたが、久しぶりの大きい大会でもあります。今回は、水戸黄門漫遊マラソンの大会レポートを記事にします。

映画「ランボー ラスト・ブラッド」感想・レビュー:ランボー最後の戦い!

映画「ランボー ラスト・ブラッド」は、1982年に1作目が製作された人気アクション「ランボー」のシリーズ第5弾で最終章となり、前作「ランボー/最後の戦場」から実に11年ぶりの続編となります。

登山レポート「高尾山・景信山・陣馬山」~縦走ハイキングコースを楽しむ~

高尾山は都内からも気軽に行ける山として人気がある山ですが、標高599mと本格的に登山したいときには物足りないですよね。そこで、高尾山からさらに陣馬山までいく縦走コースがあります!

映画「ラストナイト・イン・ソーホー」感想・レビュー:60年代のロンドンへようこそ!

映画「ラストナイト・イン・ソーホー」は、エドガー・ライト監督によるタイムリープ・ホラー。ライトの原案からライトとクリスティ・ウィルソン=ケアンズが脚本を務め、第78回ヴェネツィア国際映画祭でワールド・プレミア上映された作品です。

映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」感想・レビュー:さらば、エヴァンゲリオン!

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」は、庵野秀明監督による大ヒットアニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの最新作にして完結編となります。最初は、TVアニメシリーズとして1995~96年に放送されて以来、後に映画シリーズとして4部作で描いたきた作品の…

登山レポート「富士山」~ついに日本一の山に登頂~

ずっと夢だった富士山を登ってきました!さすがに、初富士山なので今回はバスツアーでガイド付き山小屋1泊で行ってまいりました。富士山の5つのコースの内一番人気の吉田ルートです。

映画「プロメテウス」感想・レビュー:人類とエイリアンの起源とは!

映画「プロメテウス」は、「エイリアン」のリドリー・スコット監督が、人類の起源、そしてエイリアンの原点(前日譚)を描いたSF大作です。もちろん、あの奇怪な造形のエイリアン誕生シーンなんてのもしっかり描いています。

【日本の秘湯】秋田 乳頭温泉卿 鶴の湯&別館 山の宿 の紹介!

秋田県の十和田・八幡平国立公園 乳頭山麓に点在する七湯が「乳頭温泉郷」と呼ばれています。七湯は独自に源泉を持ち、その泉質は多種多様乳頭温泉郷には十種類以上の源泉があります。

Copyright ©2019 こわいものみたさ All rights reserved.
【プライバシーポリシー】 【お問い合わせ】